雑学

3分で簡単に分かる「寝る」と「眠る」の違い!意味や使い分け・英語表記も雑学好きライターがわかりやすく解説

この記事では「寝る」と「眠る」の違いについて見ていきます。どちらも目を閉じて意識がないイメージがありますが、明確な違いを説明できる人は少ないんじゃないか。違いはずばり行動に着目するか状態に着目するかにあるようですが、調べてみると使い方・表現に明確な違いがあるみたいです。今回はそんな「寝る」と「眠る」の違いから、使い分け方、英語表記まで雑学好きライターのよっこいと一緒に解説していきます。

ライター/よっこい

飲食業、映像職、エンジニアを経てwebライターへ。さまざまな職を経験した観点から、雑学の知識を分かりやすく解説していく。

「寝る」と「眠る」はどう違う?

image by iStockphoto

「寝る」と「眠る」の違いについてご存知でしょうか?正しい意味や使い分け方を知らずに使っていませんか?この2つには明確な違いがあるようです。この違いが分かると表現の幅が広がるでしょう。では早速、「寝る」と「眠る」の違いについて解説していきます。

寝る:身体を横たえること

「寝る」は身体を横たえることを意味しています。睡眠とはあまり関係なく、横たえる行動そのものを「寝る」という言葉で表すことができるのです。睡眠につくための前段階やただ寝転がったり寝そべったりする行動のことといえます。「寝る」は睡眠状態にあるかどうかは関係ないことが分かりますね。

ここまでの説明を踏まえると、「立ったまま寝る」「座って寝る」といった表現は間違いであるということです。「寝る」はあくまで身体が横になっている状態を重要視しています。

眠る:睡眠状態になること

「眠る」は睡眠状態になることを意味しています。「寝る」のように体勢は関係なく、目を閉じて意識がなく活動をしていない状態を「眠る」という言葉で表すことができるのです。また「眠る」には活動をしていないことから派生して、亡くなっていることや人や物の能力を発揮できていないことを表すこともできます。

ここまでの説明を踏まえると、「立ったまま眠る」「座って眠る」といった表現は正しいことが分かりますね。「眠る」は意識がなくなっている状態を表しているのです。

「寝る」と「眠る」の使い分け方

image by iStockphoto

「寝る」と「眠る」の違いが分かってきましたね。それでは具体的にどのような場面で使い、どのように使い分けるのか気になりますよね?具体例と共に、さらに「寝る」と「眠る」の違いについて理解を深めましょう。

\次のページで「寝る:身体を横にする行動」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: