雑学

3分で簡単にわかる「基礎」と「基本」の違い!意味や使い方・英語表現も元塾講師ライターがわかりやすく解説

この記事では「基礎」と「基本」の違いについて見ていきます。「基礎から学ぶ」「基本に忠実に」など日常でよく使う基礎と基本という言葉ですが、どちらも全く同じように見えて、微妙に意味合いが違うんです。
では、具体的になにが違うのか。今回は2つの言葉のニュアンスの違いや、どういう場面で使うのかを、日本語の表現に詳しい元塾講師ライターのザツガクマナブと一緒に解説していきます。

ライター/ザツガクマナブ

日本語の表現に詳しい元塾講師WEBライター。趣味は古本屋巡り。得意ジャンルは文学、歴史、英語。

「基礎」と「基本」の意味の違い

image by iStockphoto

基礎も基本もどちらも2文字の漢字で構成されています。共通しているのはどちらも「基」という漢字から始まっていることです。基という字は、「物事の一番下にあって支えているもの」「物事の根本」といった意味を表します。つまり基礎も基本も支えとなるものであるということが言えるでしょう。

「基礎」のイメージは「土台」

基礎の「礎」という漢字は「建物をその上に立てる土台の石」という意味を表します。基も礎もどちらも同じく一番下で支える土台という意味です。基礎とは土台であり一番下にあるものというイメージを持ちましょう。

「基本」のイメージは「軸」

基本の「本」という漢字は「物事のはじまり」「物事の大もと」という意味を表します。つまり基本とは物事の中心となる軸であり、欠かすことのできない重要な部分のことを指しているのです。基礎が下にある土台ならば、基本は中心となる大事な軸というイメージを持つとわかりやすいでしょう。

「基礎」と「基本」の使い方を例文でチェック!

image by iStockphoto

基礎と基本の大まかな意味の違いがわかりました。次は例文を見ながら具体的な使い方を学んでいきましょう。

「基礎」の使い方と例文

基礎は積み重ねていくための土台です。知識や技術の習熟度に関することを述べる場面で主に使われます。

\次のページで「「基本」の使い方と例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: