雑学

簡単でわかりやすい!すももとプラムの違いとは?呼び分けやアプリコット・桃との違いも農学専攻ライターが詳しく解説

この記事ではすももとプラムの違いについてみていきます。実はこの2つは、ほぼ同じ植物の果実なんです。ですがその呼び分けには、いくつかの基準がある。この記事ではすももとプラムの呼び分けやプルーンとの違いについて、農学士をもつライター2scと一緒にみていきます。

ライター/2sc

大学で生物を極め、農学士を得た理系ライター。フィールドワークで培った動植物の知識に、強い自信を持つ。「生物のおもしろさ」を広めるべく、日々奮闘中。

すももとプラムの大まかな違い

image by iStockphoto

ここではすももとプラムの大まかな違いを紹介。両者がよく似ている理由についてもわかりやすく解説していきます。

どちらも「すもも」

「すもも」「プラム」は生物学上、同じものを指す言葉。バラ科サクラ属の、スモモ亜属の植物は日本語で「すもも」、または英語で「プラム」と呼称されるのです。このスモモ亜属に分類される植物種は複数存在。そのうち一部の種が、すもも/プラムとして販売されています。

おもに2種の「すもも」が流通

すもも/プラムとして販売されるスモモ亜属は、おもにスモモセイヨウスモモ2種。種別ですもも/プラムに分けられると思いきや、この2つの「すもも」はよく混同されます。なぜなら、人によってすもも/プラムを分ける基準バラバラであるから。そこでこの記事では、すもも/プラムの分け方3つ紹介します。スーパーでの商品名から図鑑での名称まで以下を読めば一目瞭然です!

すももとプラムをどう分ける?

image by iStockphoto

市場ではスモモ亜属のうち、2種の植物にすもも/プラムという商品名が当てられます。ですが、すももとプラムを分ける基準は複数存在。ここでは大まかに3つの分け方について解説します。

その1.図鑑の分類で区別

先述の通り、すもも/プラムという名称で販売される植物は、スモモセイヨウスモモの2種です。スモモ(学名:Prunus salicina)は中国原産の果樹。古くに日本へ渡来してきたこの種は、多くの場合「すもも」と呼ばれ、海外でも「日本すもも/Japanese Plum」として区別されます。

一方セイヨウスモモ(学名:Prunus domestica)はヨーロッパ原産。日本での流通時の名前は、原産地にならって「プラム/Plum」と表記されることがほとんどです。

\次のページで「その2.用途で区別」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: