家庭科

簡単!かつおだしを活用して健康になろう!栄養や効能を管理栄養士がわかりやすく解説

その2.ダイエット効果もあり!

かつおだしに含まれているヒスタミンはアミノ酸の一種で、食欲をおさえ脂肪燃焼効果がありダイエット効果が期待できます。ダイエットに和食がいいというのは聞きますが、さっぱりしたものが多くカロリーが抑えられることだけでなく、だしを活用するメニューが多いことも要因でしょう。

ダイエットで食事を抜くことはせずに、味噌汁やすまし汁などかつおだしを使ったスープを飲んでダイエットに役立ててください。

その3.イノシン酸は美容効果にも期待

うま味成分としてご紹介したイノシン酸ですが、新陳代謝を促す効果もあります。髪の毛や肌の再生を助けることから、美容にも効果的です。また風邪をひきにくくする効果もあります。イノシン酸は食べ物をおいしくするだけでなく、肌の調子や体調を整えてくれる優れものだったのですね。

かつおだしを使用するときの注意点は?

かつおだしはほとんどが水分であることから、かつおだし自体には栄養の取りすぎの心配はありませんが、気を付ける点もあります。

1.飲みすぎると良くない?

かつおだし自体は飲みすぎても問題になることはないですが、かつおだしは塩や醤油、味噌などで味付けして使用することがほとんど。そうなると、塩分の取りすぎには注意が必要です。

しかし、だしを使用することで、うま味によって塩分濃度が低くても塩分を感じやすくなります。塩分の取りすぎを防ぐことにもつながるので、だしやだしの相乗効果を活用してみてください。

また、いくらだしを活用しても汁物の飲みすぎには注意が必要です。汁物は毎食1杯ほどにしましょう。どうしても汁物を多めに取りたい方や高血圧などで塩分を控えなくてはならない方は、塩分を控えめに作られた調味料の活用や具沢山にして汁の量を少なくするのも効果的です。

2.かつおだしのアレルギーってあるの?

かつおだしがアレルギーになることは基本的にはありません魚アレルギーであってもかつおだしやかつお節を食べられることがほとんどです。どなたでも安心して食べることができます。

かつお節を食べて具合が悪くなった時に考えられるのが「ヒスタミン中毒」です。しかし、国産のかつお節でヒスタミン中毒になることはないですし、かつお節やかつおだしを食べすぎることも普通の食生活上ではありません。

\次のページで「3.赤ちゃんはいつから食べられる?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: