ギリシャ世界史

簡単にわかる!「トロイア戦争」ヘクトールにアキレウス!古代ギリシャの英雄揃う大戦争を歴史オタクがわかりやすく解説

ギリシャの吟遊詩人が著した『イーリアス』に描かれた「トロイア戦争」。かつては史実ではなく、ギリシャ神話のひとつとして認識されていた。ですが、あることをきっかけに、実はトロイア戦争は本当に起こっていたことがわかった。
今回は「トロイア戦争」を取り巻く英雄などを含めて歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒にわかりやすく解説していきます。

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。大河ドラマや時代ものが好き。歴史のなかでも特に古代の国家や文明に大きな関心を持つ。今回は古代ギリシャの「トロイア戦争」について詳しくまとめた。

1.ギリシャの文学の基礎『イーリアス』の生みの親「ホメロス」

image by PIXTA / 16099462

紀元前8世紀ごろに活躍したとされる吟遊詩人ホメロス(ホメーロス)。今回のテーマとなる「トロイア戦争」を題材にした『イーリアス』、そして、ギリシャの英雄オデュッセウスの旅を書いた『オデッュセイア』の二大叙事詩の作者です。

両作はギリシャ最初の文学作品であり、「叙事詩」というジャンルを確立した作品となりました。「叙事詩」とは、歴史や伝説の英雄、そして神話を物語としたジャンルを指します。ホメロスの二作は当時のギリシャ文学やギリシャ神話、それから、のちのヨーロッパ文学にも深い影響を与えた作品として非常に重要視されました。

ただし、近代になってホメロスは実在したか疑問視されたことがあり、実在も非実在であったかも証明できないため、彼が本当に生きていたのかは謎のままですよ。

口承された物語をまとめて文学に?『イーリアス』の誕生

トロイア戦争が起こったとされるのは、ミケーア時代と呼ばれる紀元前1400年から1200年の間。そこから人々によって口承で伝えられた物語を紀元前8世紀にホメロスがまとめて『イーリアス』ができたとされています。

つまるところ、『イーリアス』はホメロスひとりの創作ではなかったのです。しかし、ホメロスの類稀なる吟遊詩人の才能によって構成された物語は比類なきものであり、彼が大詩人として名を遺すのに十分なものでありました。

ただし、『イーリアス』がテキスト化されたのはホメロスの200年後の紀元前6世紀あたりだとされています。それまでは『イーリアス』もまた人々に歌われ、口承されていたのでした。

2.トロイアは実在した?シュリーマンの世紀の大発見

image by PIXTA / 55512673

「トロイア戦争」の舞台はその名の通り「トロイア王国」。現在のトルコ共和国の北西端、エーゲ海に面したイリオスにあった王国です。

しかし、トロイア戦争は『イーリアス』に書かれた神話であり、史実ではないとされてきました。そんななか、1871年にシュリーマンがイリオスで遺跡を発見。発掘が進められ、この遺跡がかつてのトロイア王国の遺跡と比定されたのです。

トロイアの遺跡が見つかったことにより、紀元前1200年ごろ、実際にイリオスが他国あるいは他部族からの侵攻を受け、それが口承されホメロスの『イーリアス』へと反映されたのではないか、と考えられました。

伝説の発見の裏に大バッシングあり!?ずさんな発掘

ただし、シュリーマンの大発見も両手放しで喜べるものではありませんでした。

彼は子どものころに読んだ『イーリアス』からトロイアがあった場所を推測、私財を投じて発掘を行った…と、そこまではよかったのです。けれど、シュリーマンの本業は商人であって、発掘を生業とする考古学者などではありません。そのため、発掘作業が行われた遺跡の重要な部分が消失してしまいます。

シュリーマンのトロイア遺跡発見は世界遺産に登録されるほど貴重であり、考古学へも影響を与えました。しかし、失われたものは元には戻りません。発掘という仕事はとても繊細で、神経を尖らせ慎重に行わなければならないのです。だからこそ、シュリーマンのトロイア遺跡発掘は学会で認められるまで非常に長い時間を要することになりました。

\次のページで「3.ギリシャ神話の神々が登場!トロイア戦争のあらすじ」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: