雑学

簡単にわかるdiskとdiscの違い!意味や円盤状記録媒体に対する使い分けも工学系院卒ライターがわかりやすく解説


この記事では「disk」と「disc」の違いについて明らかにしていきます。前者はアメリカ英語、後者はイギリス英語で、読み方や意味はまったく同じですが、円盤状の記録媒体に対して用いる場合は、明確な違いがあるようです。今回はこの2つの「ディスク」の違いについて、学生時代に磁気記録媒体の研究をしていたライターthrough-timeと一緒に解説していきます。

ライター/through-time

工学修士で、言葉や文学も大好きな雑食系雑学好きWebライター。記録媒体の解説を交えつつ、diskとdiscの違いについて掘り下げていきます。

diskとdisc

「円盤(状のもの)」を表す英語「ディスク」にはdiskdisc、2つのスペルが存在し、前者はアメリカ英語、後者はイギリス英語です。読み方や意味はまったく同じですが、円盤状の記録媒体ディスクメディア)を示す場合は、その種類によってdiskとdiscを使い分けることがあります。

アメリカ英語とイギリス英語でスペルが違う単語は少なくありません。例を挙げると、飛行機airplane(米)aeroplane(英)、メートルmeter(米)metre(英)とそれぞれ表記します。

ディスクメディアとは

image by iStockphoto

単にディスクともいい、古くはレコードから最新のBlu-ray DiscBD,ブルーレイディスク)で、多種多様なサイズや形態、記録方式があります。用途も音楽用や録画用、データ用などさまざまです。

2022年現在、磁気を利用してデータの読み書きをする磁気ディスクmagnetic disk)と、レーザー光でデータを読み書きする光ディスクoptical disc)の2種類がディスクメディアの主流となっています。ほかにも、光と磁気両方を使った光磁気ディスクなどがありますが、今ではほとんど使われていません。

diskとdiscの違いが生まれた経緯

光ディスクの先駆けであるCDの正式名称が「Compact Disc(コンパクトディスク)」となって以降、光ディスクの規格名や商標名にdisc表記が頻繁に用いられるようになりました。Apple社も自社サイト内で「discとdiskには技術的には明確な違いがあり、磁気ディスクはdisk、光ディスクはdiscである」と見解を示しており、現在イギリスでも磁気ディスクを表すときはdiskと表記することがあります。

この使い分けはあくまでも慣習的なもので、明確な定義が存在するわけではありません。

\次のページで「ディスクメディアの種類」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: