雑学

簡単でわかりやすい!百貨店とデパートの違いとは?ショッピングモールなどとの違いまで買い物大好きライターが詳しく解説

この記事では百貨店とデパートの違いについてみていきます。どちらも街の中心部にある規模の大きい店だというイメージがあるよな。実際言葉のニュアンスが若干変わるとはいえど、商業施設としては同じものとして扱われる。今回はそんな百貨店やデパートについて他の商業施設と比較しながら、買い物大好きライターれおな=007と一緒に解説していきます。
れおな=007

ライター/れおな=007

会社員として勤務する傍ら、執筆活動を続けるWEBライター。週末は欠かさずショッピングセンターと百貨店を行き来する買い物好き。独自の切り口や表現を日々研鑽中。

百貨店とデパートって同じもの?

百貨店とデパートはどちらも大規模な商業施設ではありますが、違いはどこにあるのでしょうか。本項では両者の違いをざっくりと解説していきましょう。

1.店舗の種類としては同じ

image by iStockphoto

百貨店もデパートも大規模小売店と呼ばれる分類に入り、店舗の種類としては同じものとされています。両者で扱う商品は食品や衣料品から、家具、家電や書籍などまで幅広く、各階ごとにカテゴライズされていることが多いです。

上層階には飲食店が立ち並び、屋上遊園地などの娯楽施設があるというケースも見られます。またジュエリーやカバンなどの高級ブランドが出店していることも多く、店先には大きな看板が目立つでしょう。

2.百貨店はデパートの訳語

image by iStockphoto

百貨店とはデパートメントストアつまり、デパートの和訳にあたる言葉です。そのため辞書でも同じ意味の言葉として扱われており、「百貨店」に「デパート」と振り仮名つけられている昔の文章もあります。つまり百貨店やデパートという概念が日本に生まれたときから、両者は同じ意味の言葉として扱われてきたのです。

3.屋号としては百貨店が多数派

百貨店とデパートは同じ意味ですが、屋号として使われるのは百貨店が多数派です。具体的には関東では東急百貨店や京王百貨店関西では阪急百貨店や近鉄百貨店などがよく知られています。反対に屋号にデパートが入っていることはほとんど見られず、あくまでも種類の総称として用いられることが一般的です。

\次のページで「百貨店とデパートの意味は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share:
れおな=007