雑学

簡単でわかりやすい無職とニートの違いとは?年齢や過ごし方、似た意味の言葉まで会社員ライターが詳しく解説

この記事では無職とニートの違いについてみていきます。どちらも仕事についていない人というイメージがあるよな。実際仕事をしていないことは確かですが、年齢や過ごし方に違いがあるみたいです。今回はそんな人々の違いを、会社員ライターれおな=007と一緒に解説していきます。
れおな=007

ライター/れおな=007

会社員として勤務する傍ら執筆活動を続けるWEBライター。社会福祉士の資格を持っており、労働者の問題にも興味関心がある。執筆活動を通して。独自切り口や表現を日々研鑽中。

無職とニートの大まかな違いは?

無職とニート、どちらも定職についていない点は共通していますが、明確な違いが見られます。本項では両者の定義について、簡単に確認していきましょう。

無職:定職についていない人全般

無職とは、単純に定職についていない人全般を指す言葉です。そのため育児や介護などで就業できなかったり、求職活動や勉学に励んだりしている人も含みます。

ニート:学生でもなく仕事もしていない若者

ニートとは、学生でもなく仕事もしていない若者を指し、下記出典の通り1999年にイギリスで初めて使われた言葉です。加えて求職活動や家事に励むこともなく、自宅で過ごす人が多いでしょう。

15歳以上 34歳以下で,どの学校にも通学しておらず,ふだん収入を伴う仕事をしていない独身の若年無業者 (内閣府) 。 Not in Education,Employment or Trainingの略称で,1999年にイギリス政府の調査報告書『Bridging the Gap』で使われた。

(出典:ニートとは – コトバンク)

違いその1.年齢

無職とニートでは、示す年齢層が違います。本項ではそれぞれの年齢層について詳しく比較していきましょう。

\次のページで「無職:年齢を問わない」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
れおな=007