雑学

簡単で分かりやすい役者と俳優の違い!成り立ちや類似語も文学部卒ライターが詳しく解説

役者や俳優と似た意味の語

image by iStockphoto

役者や俳優と似た意味の語には以下のような例があります。

演者:演じる人・演説をする人

「演者」(えんじゃ)とは、テレビドラマや映画、劇などで演じる人、出演をする人という意味です。他には、大勢の人の前で意見を述べる人演説をする人を言うこともありますよ。

女優:「女性の俳優」の略語

「女優」(じょゆう)とは、「女性の俳優」を略した言葉です。前述の通り、明治期になって女性も舞台や映画で何らかの役につき、演技をする必要が出てきました。日本の場合「俳優」「役者」というと、男性を指すのが暗黙の了解で、女性というイメージがありません。急ごしらえで「女優」という言葉を作ったのかもしれませんね。

ただし、近年では性差別的な表現は避ける風潮が強くなり、マスコミを中心に「女優」という語はなるべく使わずに傾向にあるようです。女性でも単に「俳優」や「役者」として職業名を記載する動きがあり、好ましく思う方もいるようですね。

役者も俳優も現在では演技をする人を表すが成り立ちが異なる

役者も俳優も、現在ではテレビドラマ、演劇などで何らかの役名がついて、その人になりきって演技をする人、もしくは職業名で使われます。言葉の成り立ちはそれぞれ異なるようです。役者は神道や仏教の祭祀の行事の役割から由来していて、俳優は踊りや滑稽な動きで神様や人を楽しませるところからきています。

1 2 3
Share: