雑学

3分で簡単にわかる!miniHDMIとHDMIの違いとは?HDMI端子の種類や見分け方も読書家ライターがわかりやすく解説!

この記事ではminiHDMIとHDMIの違いについてみていきます。HDMIとひと口にいっても、実はいくつもタイプがあり、それぞれ接続できる機器が違うため注意が必要です。今回はそんなHDMIケーブルの種類や見分け方、用途にあったHDMIケーブルの選び方を読書家WEBライターのハヤカワと一緒に解説していきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

miniHDMIとHDMIの違いとは?

image by iStockphoto

ゲーム機やタブレット・スマートフォンなど電子機器を、テレビやモニターに接続する際に必要な「HDMIケーブル」。実はHDMIケーブルには、miniHDMIケーブルを含む複数の種類があり、それぞれ接続できる機器や性能が違うため注意が必要です。

そのため機器接続のためにHDMIケーブルを使用する際は、どの種類のケーブルが使用できるか事前にチェックし、接続したい機器にあった種類のHDMIケーブルを購入しましょう。

HDMI規格の種類一覧と見分け方

image by iStockphoto

ここからはHDMI規格の種類一覧と、その見分け方について簡単にご紹介していきます。それぞれの特徴と見分け方を確認していきましょう。

1.HDMIタイプA

「HDMIタイプA」は最も一般的な種類となっており、テレビ・モニターとゲーム機・ブルーレイプレイヤーなど、多くの機器の接続に使用されている規格です。こちらは他の規格よりも少し幅広の端子となっています。こちらも覚えておきましょう。

2.HDMIタイプB

「HDMIタイプB」はタイプA以上の高画質に対応するために設計された規格となっており、デュアルリンク機能を備えフルHD以上の高画質に対応しています。HDMIタイプAよりも幅広の端子が特徴です。しかしHDMIのバージョンが1.3以降になると、シングルリンクでもより高画質の出力が可能になり、現在は使われていない規格となっています。

3.HDMIタイプC(miniHDMI)

「HDMIタイプC」は主にデジタルカメラ・ビデオカメラといった小型機器で使用されるHDMI規格となっています。タイプAよりも端子部分が小型となっており、接続先は「タイプCコネクタ」です。接続したい機器がminiHDMIを採用している場合は、こちらを使用していきましょう。

4.HDMIタイプD(マイクロHDMI)

「HDMIタイプD」はマイクロHDMIとも呼ばれており、スマートフォンやタブレットなどの接続に使用されるHDMI規格となっています。こちらはminiHDMIよりもさらに小型の端子となっており、接続先は「HDMIタイプDコネクタ」です。miniHDMIと混同してしまわないように注意しましょう。

\次のページで「5.HDMIタイプE」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: