雑学

3分で簡単にわかる!精算と清算の違いとは?会計上の意味の違いや使い分けも読書家ライターがわかりやすく解説!

この記事では「精算」と「清算」の意味の違いについてみていきます。どちらも同じように「せいさん」と読むが、意味はそれぞれ全く違っている。特にビジネスの場では「精算書」と「清算書」を混同していると痛い目を見るから気をつけろ。今回はそんな「精算」と「清算」の違いを、定義から確認しつつ、読書家ライターのハヤカワと一緒に解説していきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

精算と清算の違いとは?

image by iStockphoto

「精算」と「清算」は同じく「せいさん」と読み、どちらも似た字を書くため混同してしまうことも多い表現です。どちらも同じ意味ではないかと思っている方も多いのではないでしょうか?しかし実は「精算」と「清算」は明確に違う意味をもっており、誤って使用してしまうと誤解を招くおそれがあります。

特にビジネスシーンで取り扱う「精算書」と「清算書」の違いを誤解していないと業務に支障をきたすことも。この機会にそれぞれの意味の違いをハッキリさせ、正しい使用方法について、しっかりと再確認しておきましょう。

精算と清算の会計上の意味の違い

image by iStockphoto

それでは「精算」と「清算」の会計上の意味の違いについて確認していきましょう。

「精算」とは金額等を細かく計算すること

「精算」とは金額等を細かく計算することを表す単語です。特に料金などの過不足を計算しなおすことを意味しており、ビジネスシーンの会計の場では「経費の精算」が代表的となっています。「精算」は金額を細かく計算しなおすことを意味すると覚えておきましょう。

「清算」とは過去の関係・貸し借りを解消すること

「清算」とは過去の関係や貸し借りを整理し解消することを意味する言葉です。こちらはビジネスシーンにおいては、会社や組合などが解散した場合に財産関係を整理することなどを意味しています。また借金を返済し、貸し借りの関係を解消するという場合も「清算」という表現が適切です。

「清算」はこれまでの関係や貸し借りを整理し、きれいに戻すことを意味する言葉と覚えておきましょう。

\次のページで「「精算する」と「清算する」の使い方を例文でチェック!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: