言葉の意味雑学

簡単でわかりやすい!「伸びる」と「延びる」の違いとは?対義語や例文、使い分け方まで読書好き文系OLライターがくわしく解説

この記事では「伸びる」と「延びる」の違いについてみていきます。どちらも「のびる」と発音するな。そして、どちらも長くなるという意味がありますが、違いはのびる対象にあるようです。今回は使い分けが難しい「伸」と「延」の違いについて、各々の漢字が使われている言葉の意味を比較し確認しながら、読書好き文系OLライターyukoと一緒に解説していきます。

ライター/yuko

工事会社勤務9年目。心に浮かんだもやもやを言語化することでストレス発散をはかる現役OLライター。読書が趣味で、日々様々な言葉に触れている。最近は、言葉の持つ意味を理解して文章をより豊かに読み進めていく丁寧な読書を心がけている。

「伸びる」と「延びる」の違いはのびる対象の状態

image by iStockphoto

伸びると延びるの違いはのびる対象にあります。簡単に説明すると、「伸びる」は対象そのものが長くなること「延びる」は対象につぎ足しされて長くなることを意味しているという。まずは各々の漢字を用いた熟語について比較しながらみていきましょう。

伸びる:対象そのもの

伸びるは対象そのものが長くなることをさします。「伸」を使った熟語を例にみてみましょう。

伸長:(力や物の長さなどが)のびること。また、のばすこと。
屈伸:ちぢめたり、のばしたりすること。かがめたり、のばしたりすること。のびちぢみ。
追伸:手紙で、本文を書き終えたあとで文句を書き足す場合、その初めに書く語。あとから加えて申すという意。
欠伸:眠いとき、飽きたとき、疲れたときなどに、不随意に口を大きく開いて深く息を吸い、その息を短く吐き出す呼吸運動。血液中の二酸化炭素の濃度が高くなると、呼吸中枢が刺激されて起こる。

(出典:大辞林)

伸長や屈伸は、対象そのものが長くなること、対象そのものが真っすぐになることを「伸」という漢字で表しています。また、追伸の場合は追申とも同議で表すことができ「伸」という漢字には述べるという意味も含まれていることがわかりますね。

また難読漢字として欠伸(あくび)があげられますが、こちらの語源は枕草子の「欠(あく)ぶ」の名詞であるという説があり、大きく口を開けて背伸びをしている様子を意味していたんだそう。

\次のページで「延びる:対象につぎ足される」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: