雑学

3分で簡単に分かる「聞く」「 聴く」「 訊く」の違い!意味や使い分け・英語表記も雑学好きライターがわかりやすく解説

この記事では「聞く」「聴く」「訊く」の違いについて見ていきます。どちらも音や声が耳に入ってくるイメージがありますが、明確な違いを説明できる人は少ないんじゃないか。違いはずばり意識を向けるかどうか、相手に尋ねるかどうかにあるようですが、調べてみると使い方・表現に明確な違いがあるみたいです。今回はそんな「聞く」「聴く」「訊く」の違いから、使い分け方、英語表記まで雑学好きライターのよっこいと一緒に解説していきます。

ライター/よっこい

飲食業、映像職、エンジニアを経てwebライターへ。さまざまな職を経験した観点から、雑学の知識を分かりやすく解説していく。

「聞く」「聴く」「訊く」はどう違う?

image by iStockphoto

「聞く」「聴く」「訊く」の違いについてご存知でしょうか?正しい意味や使い分け方を知らずに使っていませんか?この3つには明確な違いがあるようです。この違いが分かると表現の幅が広がるでしょう。では早速、「聞く」「聴く」「訊く」の違いについて解説していきます。

聞く:耳に自然と入ること

「聞く」は耳に自然と入ることを意味しています。自分が何も意識せずとも勝手に音や声が、耳に入ってくる時に「聞く」を使うのです。また「言うことを聞く」などのように、相手の言うことを受け入れることも表します。一般的に最も多く使われるのが「聞く」なのです。

聴く:耳を傾ける、注意して耳にとめること

「聴く」は耳を傾ける、注意して耳にとめることを意味しています。勝手に入ってくるのではなく、自分の意思で音や声を耳に入れようとする時に「聴く」を使うのです。また「授業を聴く」などのように、何かを身につけたり習得したりする場合にも「聴く」を使います。

訊く:尋ねるまたは問うこと

「訊く」は尋ねるまたは問うことを意味しています。音や声を聞き流すのではなく、相手に尋ね質問する時に「訊く」を使うのです。また相手に言い訳させる暇を与えずに、次々に問いただすという意味も持ちます。ただし「訊」は常用外漢字なので、使われる機会はあまりありません。

\次のページで「「聞く」「聴く」「訊く」の使い分け方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: