雑学

簡単にわかる水晶とクリスタルの違い!水晶の特徴やクリスタルの本当の意味について工学系院卒ライターがわかりやすく解説!


この記事では「水晶」と「クリスタル」の違いについて踏み込んでいきます。高い透明度と美しい輝きを湛え、宝飾以外にもさまざまな用途がある「水晶」に対し、「クリスタル」も透明でキラキラ美しいものというイメージがありますが、実は「クリスタル」は多義語で複数の意味がある。
今回は水晶の特徴をつまびらかにするとともに、「クリスタル」にはどういう意味があるかを、大学で結晶学を学んでいたライターthrough-timeと一緒に解説していきます。

ライター/through-time

工学修士で、言葉や文学も大好きな雑食系雑学好きWebライター。実は結晶学がかなり苦手でした。

水晶とは

image by iStockphoto

まずは水晶について解説しましょう。

二酸化ケイ素SiO2の結晶である石英クオーツ)が六角柱状に大きく成長したもののうち、特に透明度の高いもの水晶といいます。石英自体は地球上の多くの岩石を構成する造岩鉱物で、長石に次いでよく見られるものです。砂にも多く含まれており、砂場などを探すとキラキラ光る無色透明ないし白い粒を見つけることができます。

水晶は世界各国に産地があり、日本ではかつて山梨県で多く産出されていました。そのため、山梨県は宝石加工産業が発展しており、現在でも宝飾品の加工や流通に携わる企業が数多くあります。

結晶について

結晶原子や分子、イオンが規則正しく配列している固体のことです。身近なところでは、塩の結晶や雪の結晶などがあります。鉱物も一部の例外(水銀や琥珀、オパールなど)を除きほとんどが結晶です。結晶は周期的な構造を持ち、その物性も結晶構造に大きく影響されます。水晶石英)は三方晶系という、六角柱に似た結晶構造のため、六角柱状に成長するのです。

水晶の種類

image by iStockphoto

水晶ほかの物質と混ざらない特性があり、そのほとんどが無色透明か白色です。しかし、わずかながら不純物が混ざったり、天然の放射線の影響を受けたりすることで、発色することがあります。代表的なものをいくつか紹介しましょう。

・紫水晶アメシスト):不純物である微量の鉄が、天然の放射線の影響を受けて特殊なイオンになり、紫色に発色したもの。これに熱が加わると黄水晶シトリン)になります。現在出回っているシトリンのほとんどがアメシストを加熱処理したものです。
・紅水晶ローズクォーツ):淡いピンク色の水晶。微量のチタン、アルミニウム、リンが発色にかかわっているとされていますが、チタン、マンガン、鉄が由来であるという説もあります。
・煙水晶スモーキークオーツ):煙がかったような茶色や、黒ずんだ色の水晶。発色原因ははっきりしていませんが、微量のアルミニウムが放射線を受けたことによると考えられています。

そのほか、水晶が成長する過程で金紅石(ルチル)の針状結晶が入り込んだ針入り水晶ルチルクオーツ)や、角閃石や電気石など緑色や茶色の微細な鉱物が入り込んだ草入り水晶などがあります。

水晶の用途

水晶は宝飾品のほかにも、占いやパワーストーンなどに重宝されています。また、結晶にはへき開という特定の面に沿って容易に割れやすい性質がありますが、水晶にはへき開が見られません。さらに硬度もあるため精密な加工がしやすく、彫刻や印鑑などの素材に用いられます。

天然水晶を種にして作った人工水晶を光学用品や電子部品に用いたのが、水晶デバイスです。中でも有名なのは、水晶片に一定の交流電圧をかけて精度の高い周波数を発振させるもので、水晶振動子と呼ばれます。クオーツ時計は水晶振動子が部品として組み込まれていることがその名の由来です。

また、水晶は天然に産出される二酸化ケイ素であり、ガラスをはじめとする工業製品の原材料となっています。

クリスタルとは

クリスタルにはいくつかの意味があり、どの意味をとるかによって水晶との違いの度合いが変わります。それぞれについて解説しましょう。

「水晶」のクリスタル

クリスタルのスペルはcrystalで、水晶を表す英語の1つです。rock crystalと表現することもあります。この意味の場合、水晶とクリスタルに全く違いはありません。また、石英を表すquartzクオーツ)も水晶を意味します。

crystalの語源は、古代ギリシャ語で「氷のように冷たい」の意味を持つkryos(クリオス)から派生したkrystallos(クリスタロス)。古代の人々は、氷のように透き通った水晶を決して溶けることのない神秘の氷だと信じていたのです。

\次のページで「「結晶」のクリスタル」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: