家庭科

ピスタチオの簡単な殻や薄皮の剥き方は?おすすめの食べ方や正しい保存方法も果物大好きパティシエがわかりやすく解説

ピスタチオは、縦に割れた白っぽい殻に包まれ、グリーンが鮮やかなナッツの一種です。以前は殻付きのピスタチオがおつまみとして食べられるのが定番だったが、近年、ケーキやアイスなどお菓子に使われたピスタチオがブームになったな。様々な食べ方があり、色々な形で販売されているが、美味しさを保つにはデリケートな取り扱いも必要です。この記事では、ピスタチオの殻や薄皮の簡単な剥き方や、様々な食べ方、保存方法などを果物大好きパティシエのmei.mと一緒に詳しく解説していきます。

ライター/mei.m

15年近くウェディングケーキを作ってきたパティシエで、現在は2児のママ。フルーツが大好きで、味見と称して様々な果物を食べてきました。ピスタチオはフレーバーにしても、デコレーションにしても、お菓子を格上げしてくれる頼れる食材!

ピスタチオの簡単な下処理

image by iStockphoto

殻や薄皮が取り除かれて販売されているピスタチオは便利ですが、やはり風味や香りは損なわれていきます。ピスタチオ本来の風味や香りを楽しむためには、ぜひ食べる直前まで殻や薄皮が付いた状態のものおすすめです。しかし、殻や薄皮が剥きにくい場合もありますね。そんな時に、簡単に剥ける方法をご紹介します。

開かない殻の剥き方と割り方

熟すと自然に割れ目が入るピスタチオは、たいていの場合は縦に割れていて、その割れ目から外すことが出来ます。しかし、割れ目が狭く、固くて取れない場合は、他のピスタチオの殻を割れ目に差し込み内側から押し開けるようにしてみましょう。すると、テコの原理で、固い殻も簡単に外れますよ。

また、稀に混ざっている割れ目の開いていないピスタチオの場合は、キッチンペーパーなどで包み、上からペンチや麺棒など硬いものでたたき割ります。キッチンペーパーで包むことで、割れた時の殻の飛び散りを防いでくれますよ。たたき割る音は意外と響くので、夜は騒音とならないよう気を付けましょう。

薄皮は湯剥きで

生ピスタチオ1粒ずつにピッタリとついている薄皮ですが、湯剥きすれば簡単に剥がれるのです。鍋に湯を沸かし、沸騰したところにピスタチオを入れ、20秒ほど茹でます。ザルにあげ、湯を切り、熱いまま大きめのお皿に広げてください。1粒ずつ指でつまむと、するんと皮が剥けますよ。

\次のページで「ピスタチオの食べ方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: