雑学

簡単でわかりやすい!刺身醤油と普通の醤油の違いとは?栄養や活用方法も和食派ライターが詳しく解説

この記事では刺身醤油と普通の醤油の違いについてみていきます。醤油は俺たち日本人の食卓には欠かせない調味料の1つです。刺身醤油は、スーパーで見かけたり名前を聞いたことはありますが、実際に使ってみたことはないという人もいるかもしれませんね。名前からして2つとも醤油であることにかわりはないようですが、違いはどこにあるのでしょうか。今回はそんな刺身醤油と普通の醤油の違いや醤油の作り方、刺身醤油の活用方法も、目玉焼きには醤油をかける和食派ライターaoと一緒に解説していきます。

ライター/ao

子どもの頃から塩辛い食べ物を好み、醤油をかけたごはんをおやつに食べていたライター。最近は醤油とオリーブオイルの組み合わせに夢中。

刺身醤油と普通の醤油との違いとは?

image by iStockphoto

「刺身醤油」という名前から、お刺身に使う醤油のようですが、見た目からは普通の醤油との区別がつきませんよね。どんな違いがあるのでしょうか?ほかの醤油に似た調味料との違いもあわせて解説していきます。

刺身醤油とは?

刺身醤油は明確な定義がある醤油ではありませんが、一般的な醤油よりもとろみがあり、甘味や旨味が強いものが多いです。各メーカーが淡白なお刺身や寿司に合うように、昆布だしやかつおだし、魚介類のエキスなどを加えることで、風味と旨味をつけています。各地方によって異なり、東海地方では「たまり醤油」が刺身醤油として使われたり、九州地方では「再仕込み醤油」が使われることが多いようです。

九州地方の刺身醤油はとろみが強く、砂糖などが加えられていることにより、甘味が強い濃厚な味わいが特徴になります。甘味が青魚の臭みを消してくれることで、食べやすくなるのです。

普通の醤油との違い

刺身醤油は普通の醤油には分類されず、「しょうゆ加工品」になります。日本農林規格によって、大豆、小麦、米、食塩で作られたものが「醤油」それ以外の原材料が使われているものは、「しょうゆ加工品」と表示することが定められているのです。

刺身醤油として販売されているものの多くは、旨味や甘味を出すために昆布やかつおの出汁、甘味料などが加えられているため、「しょうゆ加工品」になります。

そのほかのしょうゆ加工品

醤油に出汁などを加えて、料理のおいしさが引き立つように作られている「しょうゆ加工品」は、刺身醤油以外にもあります。たとえば卵かけご飯専用醤油。醤油をベースに昆布やカツオ、あご、シジミなどさまざまな出汁が使われています。なんとウニや牡蠣、トリュフなどの高級食材が使われている商品もあるのです。

風味や味わいは異なりますが、これらは卵かけご飯をよりおいしく食べられるように作られたしょうゆ加工品。ポン酢もしょうゆ加工品になります。

\次のページで「そもそも醤油とは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: