雑学

簡単でわかりやすい!「home」と「house」の違いとは?意味や使い分けも語学大卒業ライターが詳しく解説

今回は「home」と「house」の違いについて学んでいきます。どちらも「家」と訳せるが、それぞれ使い分けが異なるらしいのです。そこで語学大学を卒業した経験のある城崎に、2つの単語の意味や使い方について解説してもらおう。

ライター/城崎ミト

語学大学でベトナム語を専攻。英語も毎日ネイティブの先生に教わる。英語は話すよりも、洋画や洋書を見る方が好き。

「home」と「house」はどちらも「家」

image by iStockphoto

homeとhouseは英語を学習した方なら誰でも知っている単語ですよね。この2つの単語の違いは、ズバリ「家庭」か「建物そのもの」であるかです。1つずつご説明します。

homeは「家庭」を表す

homeは「今自分が住んでいる所」を指す時に使います。住居の規模は問われません。一軒家でもアパートの一室でも、キャンピングカーの中でもhomeです。またhomeには精神的な温かさや落ち着く場所というイメージも含まれています。日本語だと「アットホーム」が当てはまりますね。homeは家庭がある場所や自宅を表す「家」だと覚えましょう。

houseは「建物」そのものを表す

houseは「一軒家」という意味の「家」です。つまり建物そのものを指した言葉なのですね。人が住んでいるかは問われず、所有するモノとしてhouseを使います。一戸建てを指す言葉なので、アパートやマンションの一室はhouseと表現しません。またhouseは会社やオペラハウスなど、規模の大きい建物を表すときにも使われます。

「home」と「house」はどう使い分ければいい?

image by iStockphoto

homeとhouseでは表現方法が異なり、意味合いも変わっていきます。それぞれ見ていきましょう。

一軒家であればhouse、それ以外の住居はhome

一軒家であればhouseを使います。アパートやマンションの一室に住んでいるのであれば、homeを使えば間違いはありません。また家を建てる時や売るときもhouseを使います。逆にhomeは家庭の「空間」を表すので、売買する単語としてはふさわしくありません。

\次のページで「homeは副詞にもなる」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: