IT・プログラミング雑学

簡単でわかりやすい!「電子書籍リーダー」と「タブレット」の違いとは?使い勝手や読書しやすさもプログラマーが詳しく解説

電子書籍は便利ですね。スマホで読む人も多いがやはり画面が大きなタブレットは魅力的です。しかし、電子書籍リーダーというものもあるよな。これらは何が違い、読みやすさや使い勝手がどうなのか気にならないか。ずっと電子書籍リーダーを使っているプログラマでもあるライターのwoinaryと一緒に解説していきます。

ライター/woinary

某社で社内向け業務システムの開発、運用を30年近くやっていたシステム屋さん。読書は電子書籍派で、専用リーダーを使用中。現在はフリーランス。ガジェットやゲーム、ラノベが大好きなおっさんです。

専用か、汎用か?それが問題だ

image by iStockphoto

主にコミックなどで電子書籍が一般的になってきています。縦スクロールのコミックならばスマホでもよいですが、従来型のマンガや雑誌、文章がメインの書籍などはやはり広い画面のほうが読みやすいですよね。そんな時に必要なのがタブレットです。iPadなどの普通のタブレットでも読書は可能ですが、読書専用の電子書籍リーダーもあります

この違いはざっくり言えば専用機か汎用機か。ゲームをするのにパソコンを買うか、家庭用ゲーム機を買うかと同じです。なんでもできるタブレットで読書するか、読書専用の電子書籍リーダーを使うかという違いになります。

電子書籍リーダー:読書専用のタブレット

電子書籍リーダーはその名の通り電子書籍専門のタブレットの一種です。多くの場合、最初から入っている読書のためのアプリ以外を使うことはできません。また、アプリがインストール可能でも、一般的なタブレットと比べて非力なため十分なパフォーマンスが出ません。一般的なタブレットはカラー液晶が当たり前ですが、電子書籍リーダーの多くはモノクロです。そのため読書以外のアプリの利用は向いていません

その代わり他の機能がないため読書に集中でき読書が目的の機器であるため使い勝手がよい部分があります。とくに画像や写真があまりない文章主体の小説などにピッタリです。

タブレット:様々な用途に利用できる

一方のタブレットは様々な用途に使うことが可能。技術の進化でパソコンの代わりができるくらいになっています。当然読書端末として使うこともできます。パワーも十分にあり、BGMをかけながら読書することもタブレットだけで十分可能。

一方、読書にしか使わない場合は少しもったいないとも言えます。タブレットは電子書籍リーダーに比べると高価ですし、サイズが大きく、重いです。タブレットによってはパソコンより高いものも。その代わり、電子書籍リーダーでは難しい画像や写真の多い雑誌なども楽しめます

\次のページで「何が違う?電子書籍リーダーとタブレット」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: