家庭科

低脂肪牛乳はカロリーが低くて低脂質!置き換えるだけで簡単ダイエット!栄養や効能も管理栄養士がわかりやすく解説

この記事では低脂肪乳の栄養と効能などについてみていきます。低脂肪牛乳って牛乳よりカロリーが低そうなイメージがあるけど、牛乳より優れた点がたくさんあるみたいです。また、牛乳とどのような違いがあるのかいまいちわからない部分が多いが、明確にしていこう。今回は低脂肪牛乳とは何なのかという基本情報からどのような利点があるのかについて管理栄養士のミサキと一緒に解説していきます。

ライター/ミサキ

給食施設で働く現役管理栄養士。おいしい食事とおやつを食べることが生きがい。低脂肪牛乳は常に家にあり、必需品。コーヒーや紅茶に入れたり料理にも使用したりしている。

低脂肪牛乳とは?

image by iStockphoto

低脂肪牛乳とは、どのような規定があるのか確認してみましょう。

「牛乳」という文言は、生乳100%を使用した製品にのみ使用できます。低脂肪牛乳は生乳100%を原料とし、乳脂肪の一部を除いて1.5%以下にしたものです。他のものは、一切使用していませんので牛乳の表示ができます。

出典:一般社団法人日本乳業協会HP「乳と乳製品のQ&A」

低脂肪牛乳は牛乳に比べるとさっぱりしていますが、薄めていることもなく100%生乳からできています。「低脂肪’牛乳’」と牛乳の表記があるのも、生乳100%ならではだったのですね。乳脂肪の一部を除いているだけなので、牛乳と大きな成分の違いはありません。

\次のページで「低脂肪牛乳と低脂肪乳は別物!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: