雑学

簡単でわかりやすいブレンドとアメリカンコーヒーの違い!濃度の差・豆の煎り方なども文学部卒ライターが詳しく解説

この記事ではブレンドとアメリカンコーヒーの違いについてみていきます。2つとも喫茶店のメニューでおなじみのコーヒーですが、色の濃さや薄さや味わいの違いによって判断している人も多いかもしれない。しかし、豆の煎り方や組み合わせの仕方について違いが目立つようです。今回は2つのコーヒーの違いについて、コーヒーが好きな文学部卒ライター海辺のつばくろと一緒に解説していきます。

ライター/海辺のつばくろ

美味しいブレンドコーヒーが好きで、1日にドリップして5杯は飲んでしまう文学部卒ライター。

ブレンドとアメリカンコーヒーの一般的な印象

image by iStockphoto

ブレンドとアメリカンコーヒーについて、一般的にはどのような違いが感じられるでしょうか。おそらく喫茶店やコーヒーショップなどでコーヒーを飲む時にそれぞれ意識して注文することがほとんど。はたして本当にその通りなのでしょうか。

ブレンド:濃く苦い

ブレンドは色が濃く、味わいが苦いコーヒーという印象が強いようです。コーヒー好きの方がすすんで注文することが多いですね。コーヒーを飲み慣れない方がブレンドを頼んでしまって、ミルクや砂糖を足すこともあるかもしれません。

アメリカンコーヒー:薄くてあっさり

アメリカンコーヒーは色が薄くて、味があっさりしていると思う方もいるでしょう。紅茶のように幾分透き通った色で、多めのお湯で薄めに入れたのではないかと考える方も。苦味がないので、さほどコーヒーを飲まない人でも口にしやすいですね。人によっては、カフェインがあまり入っていないように感じるかもしれません。

\次のページで「ブレンドとアメリカンコーヒーの定義」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: