英訳英語言葉雑学

3分で簡単にわかる”these”と”those”の違い!意味の分かれ目は「距離」?例文や使い分けも言語オタクがわかりやすく解説

テストでも出た?”those”の用例あれこれ

“those”は比較・対照・例示を表現する際好んで使われる言葉でもあります。また、このほかにも疑問詞といわゆる「that節」をともなう”those”でつまづいた経験や、テストの際に”those”と何かしらの単語をセットで覚えて挑んだ記憶のある人もいるはずです。言語オタクを自称する筆者も、この”those”の使い方は覚えるのに苦労しました。

次に例示する例から、テストで見かけたあの表現と再会できるかもしれませんね。

those A who(that, which)…
…するような種類のA(人、物、事)

Those people who want to buy it come here!
―これをお買い求めの方はこちらへお越しください!

one of those A
よくある(典型的な)種類のA

It was just one of those things.
―まあ、よくあることだったよ。

つい口に出したくなるあの日本語も翻訳できちゃう

image by iStockphoto

日本語で話す時「昔はこうだった」「最近は」など、時間の経過を表現する言葉を無意識に使うことがあると思います。ですが、英語話者を相手に話す場合どう言えば良いのかすぐに思い浮かばないことも。なんと、これらの悩みは”these”と”those”が解決してくれます。これを覚えれば、英語で思い出話や近況を尋ねるといった何気ない会話が可能になるでしょう。

these (名詞、数詞) days
最近は、この頃

How is he doing these days?
―彼はこの頃どうしていますか?

those days
当時、あの頃、その頃

She will move to America on those days.
―彼女はそのころにはアメリカに引っ越しているだろう。

In those days, I played piano.
―当時はピアノを弾いていた。

Those were the days!
―あの頃は良かったなあ!

“these”と”those”を使い分けて表現をもっと豊かに

今回は、”these”と”those”の違いについて、例文を多めに盛り込んで取り上げました。慣用表現的な組み合わせの暗記などで苦手意識を持たれる方もいたかと思いますが、身近な表現に使われることの多い単語でもあります。ぜひこの記事の例文の音読や、参考にして作文をするなどして使い方をマスターしてみてくださいね。

1 2 3
Share: