雑学

3分で簡単にわかる「前科」と「前歴」の違い!意味や内容・生活への影響も法律に詳しいビジネス文書熟練者が解説!

この記事では「前科」と「前歴」の違いについて見ていきます。2つとも事件がニュースや新聞で取り上げられるときによく見聞きすることがあるよな。どちらも似たような言葉ですが、それぞれ持つ意味や内容が違うみたいです。
今回はニュースや新聞を読み解くのに欠かせないこの2つの言葉の違いを、生活への影響も含めて法律に詳しいビジネス文書熟練者の西風と一緒に解説していきます。

ライター/西風

企業にて10年以上にわたり法律を扱う業務や企画書・論文作成を経験。現在は後進育成にも注力。文章のわかりやすさはもちろん、言葉の意味や使い方にもこだわり、わかりやすく正確な情報をお届けします。

「前科」と「前歴」の違いとは?

image by iStockphoto

この2つは何かしらの事件に関わり嫌疑をかけられた人に用いられる言葉です。しかし正確な違いがわからない、明確に使い分けられないという人も多いのではないでしょうか。この2つの違いを理解することでニュースや新聞で事件などの報道を見聞きしたときに、より内容がくわしくわかるようになります。その違いについて、くわしく見ていきましょう。

「前科」とは有罪となった経歴

「前科」に含まれる「科」は、人から責められたり非難されたりする行為や罰されるべき行為といった意味を持つ漢字です。そのため「前科」とは、事件などで捜査対象となり有罪となった経歴を表します。

「前歴」とは捜査対象になった経歴

「前歴」に含まれる「歴」は経てきた跡という意味を持つ漢字です。そのため「前歴」とは、捜査対象となった経歴全てを表します。

「前科」の意味と内容

image by iStockphoto

ここからは「前科」と「前歴」の違いに着目して、くわしく見ていきましょう。

「前科」の意味

「前科」を辞書でくわしく調べると、以下のような意味だとわかります。

1.以前に法律による刑罰を受けていること。また、その刑。
2.過去のよくない行為のたとえ。

出典:デジタル大辞泉

\次のページで「「前科」の内容」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: