現代社会

簡単でわかりやすい!「足尾銅山鉱毒事件」とは?田中正造が生涯をかけて解決に取り組んだ事件の原因や政府の対応などを歴史好きライターが詳しく解説

今回は、足尾銅山鉱毒事件について学んでいこう。

足尾銅山鉱毒事件といえば田中正造の名前を思い浮かべる人も多いでしょう。田中がどのような活動をしていたのか、改めて知りたい人もいるはずです。

足尾銅山鉱毒事件の原因や当時の政府の対応などを、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していきます。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

なぜ足尾銅山鉱毒事件は発生したのか

image by iStockphoto

まずは足尾銅山の歴史を簡単に振り返ってみましょう。

足尾銅山の近代化

足尾銅山は16世紀後半から採掘が始まったとされます17世紀に入り足尾銅山が徳川幕府の直轄支配となると本格的に銅の採掘が開始。採掘された銅は江戸城や日光東照宮などに使われました。17世紀に銅の採掘はピークを迎えますが18世紀になると採掘量は急激に減少し幕末以降はほぼ閉山した状態となります

1877(明治10)古河財閥の創始者でもある古河市兵衛が閉山同然の足尾銅山を買収しました。経営に着手してからすぐに成果は出ませんでしたが、有望な鉱脈を発見したことで風向きが変わります。さらに、西洋の採掘技術を導入したことで採掘量が急増。やがて、足尾銅山は日本で最も銅を産出する銅山となりました

足尾銅山周辺で環境被害が多発

20世紀初頭には全国で随一の産出量となった足尾銅山でしたがその頃から既に環境被害は発生していました。樹木は燃料にするなどの目的で伐採され、足尾銅山の周辺は排ガスの影響も受けたことではげ山に。採掘した銅鉱石を精製する工場から多くの煙が排出され、深刻な大気汚染が発生していました

さらに、銅を精製することで生じる汚泥などが土壌や河川に流れ込みます。川では鮎が大量死。川沿いの作物は立ち枯れが発生して、農業に深刻な影響を与えました。そのような川の水は生活用水としても使えなくなり、近隣住民の生活が脅かされるようになったのです

田中正造が足尾銅山鉱毒事件と関わるまで

image by iStockphoto

足尾銅山鉱毒事件の解決に奔走したことで知られる政治家が田中正造です。果たして田中はどのような人物だったのでしょうか。

\次のページで「若い頃から反骨精神が旺盛だった」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: