雑学

簡単でわかりやすい!学部と学科の違いとは?専攻との違いも元教員ライターが詳しく解説!

この記事では学部と学科の違いについてみていきます。どちらも大学の中の組織であることはなんとなくわかるよな。このふたつの関係は、学部をさらに細かく分類した組織の単位が学科と呼ばれるようですが、それぞれいろんな学部や学科があるようなんです。今回はそんな学部と学科について、具体的にそれぞれどういうものなのか、受験で気になるところも含めて、元教員ライターのことはと一緒に解説していきます。

ライター/ことは

元教員ライター。小・中・高の教員免許を持つ。幼いころから知的好奇心旺盛で、さまざまなことに興味をもっては調べてきた。今回は自身も大学を卒業した経験を活かし、ふたつの違いを分かりやすく解説していく。

学部と学科の違いとは?

image by iStockphoto

学部や学科は、小学校・中学校・高校にはなく、大学ではじめてあらわれる組織の単位です。大学生になればほぼすべての学生がこの学部や学科に所属することになりますが、このふたつの何が違うのか、実ははっきりしない人も多いのではないでしょうか。

端的に言うと、大学を大きく学問ごとに分けたのが学部で、その学部の中で学問をさらに細かく分けたのが学科です。それでは、さっそくこのふたつの違いについて具体的にみていきましょう。

学部とは?

image by iStockphoto

学部とは、大学を大きく学問ごとに分けた組織の単位です。例えばよく聞くものでいうと、文学部や経済学部などが「学部」の一例になります。では、学部について詳しくみていきましょう。

\次のページで「学部の定義」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: