雑学

簡単でわかりやすい!長巻と薙刀の違いとは?特徴や現代への移り変わりも元なぎなた選手が詳しく解説

今回は長巻と薙刀の違いについて学んでいこう。銃刀法では区別されてないこの2つは全く異なる武器らしいのです。そこで長巻と薙刀の特徴や区別の仕方を、元なぎなた選手である城崎に解説してもらうぞ。

ライター/城崎ミト

高校でなぎなた部に所属。インターハイや選抜大会に出場し、3年目でなぎなた2段を取得。得意な打突部位はスネ。剣道との異種試合では必ず初手でスネを狙っていた。

長巻と薙刀の違いとは?

image by iStockphoto

長巻(ながまき)と薙刀(なぎなた)はどちらも長い武器です。構え方も似ているようで、初見では違いがわからないと思う人もいますよね。まずはこの2つの武器の違いからご紹介します。

違いその1.形

1つ目の違いは刃の形状にあります。長巻は切先が緩やかに反っていますが、薙刀は長巻きより反り具合が強いです。これを「先反り」と呼び、先反りの形を見ることで長巻か薙刀か見分けることができます。また長巻は持ち手の柄(つか)に麻紐や革を巻くことがありますが、薙刀は柄に装飾はほとんど施しません。他にも以下の違いが挙げられます。

1.長巻は薙刀より持ち手が短い
2.長巻は薙刀より刃が長い
3.長巻は刃の側面に横手と呼ばれる境界線が入っている。薙刀にはない
4.薙刀には刃の形が3種類あるが、長巻の形は1種類とされている

似ていると言われる長巻と薙刀ですが、比べると意外に違いがあることがわかります。

違いその2.扱い方

薙刀の強さは振り回すことによる攻撃範囲の広さにあります。名称の通り人馬を「薙ぎ払う」ため、安易に近づくことができません。源義経に仕えた弁慶や愛妾の静御前が使用していたというエピソードは有名です。

長巻は柄と刃の長さが同じものが多かったため、薙刀ほど振り回すことは難しかったとされます。しかし斬る威力は高く、薙刀より小回りがきくという意見も。そのため合戦が隊列を組む集団戦へ移り変わると、長巻が重宝されるようになったと言われています。

\次のページで「長巻と薙刀は明確に区分されていない?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: