平安時代日本史飛鳥時代

簡単にわかる「大宰府」!なんで九州に?いつからあるの?何の施設?歴史オタクがわかりやすく解説

「大宰府」と聞けば、一番最初に思い浮かぶのは太宰府天満宮じゃないか?学問の神様が祀られているから、受験生にとって一度は行って拝みたい神社ですね。しかし、なんで九州に学問の神様がいるのか知っているか?これにはいろいろな事情があるんです。
今回は「大宰府」について、その役割や歴史などを歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒にわかりやすく解説していきます。

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。大河ドラマや時代ものが好き。日本伝統芸能や文芸、文化に深い興味を持つ。今回は古くから九州に置かれ外交の歴史を見てきた「大宰府」についてまとめた。

1.7世紀から!?日本と外国の玄関口「大宰府」

image by PIXTA / 84207405

かつて、福岡県太宰府市から筑紫野市に渡る広範囲にあったとされる「大宰府」。1968年以降、その遺跡は学術調査の手が入り、さまざまなことがわかってきました。最古となるのは7世紀後半。だいたい飛鳥時代に大宰府が造られたことがわかります。しかし、いったいなぜ飛鳥時代に大宰府が必要になったのでしょうか?

「大宰府」と「太宰府」、どちらが正しいのか迷いませんか?

「大きい」と「太い」の違いで赤ペンをもらうのも悔しいですよね。実はこれ、どちらも正しく、使い分けがされているんです。「大宰府」は古代のお役所と遺跡(今回のテーマです)を指し、中世以降の地名や太宰府天満宮は「太宰府」を使います。ちなみに、文豪の「太宰治」は「太い」の方です。

大宰府の始まりは「大化の改新」の中大兄皇子!

七世紀後半の大イベントと言えば「中大兄皇子」の「大化の改新」でしょう。それまで朝廷で幅を利かせていた蘇我氏を排斥し、戸籍制度から税金徴収制度、役人の派遣制度などなど政治の大改革を行いました。

しかし、中大兄皇子の大仕事は大化の改新だけに留まりません。同時期、海を越えた朝鮮半島では高句麗、新羅、百済の三国が勢力争いを繰り広げていました。そんななか、三国のひとつ「百済」が滅ぼされてしまいます。百済は当時の大和朝廷と親密な関係を築いており、百済の遺臣たちから助けを求められては協力しないわけにはいきません。中大兄皇子は百済復興を目指して朝鮮半島への出兵し「白村江の戦い」を行う…のですが、これが惨敗を喫してしまうのです。

中大兄皇子の失敗!?「大宰府」ができたワケ

「白村江の戦い」の失敗の裏には、アジアの中心として大陸に君臨していた大国「唐」の存在がありました。当時の皇帝は高宗、皇后は悪女として有名な武則天(則天武后)です。

唐は朝鮮半島の三国のうち新羅と親睦があり、劣勢だった新羅と連合して手助けをしていました。百済はその新羅と唐の連合軍に敗れて滅んだのです。なので、大和朝廷が百済復興を目指すのなら、当然、唐と新羅の連合軍を相手どることになります。ですが、大和朝廷は唐・新羅の連合軍に大敗。

負けてしまった大和朝廷は、今度は大国「唐」からの報復と侵略を恐れるようになります。なので、対策として中大兄皇子は朝廷を内陸の近江大津宮に移し、侵略に備えて国防に力を入れはじめました。

当時、日本と外国の玄関口だったのは北九州。筑紫に水城を築き防衛拠点としました。そして、そこに「大宰府」を設置したのです。

\次のページで「日本を律令国家へ変えよう!大宰府も軍事拠点から地方の政治機関へ」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: