雑学

簡単でわかりやすい!論文とレポートの違いとは?テーマや執筆方法などの比較を会社員ライターが詳しく解説

この記事では論文とレポートの違いについてみていきます。どちらも大学をはじめとする研究機関などで扱う文章というイメージがあるよな。最大の違いは書き方のようですが、それにともなう違いもいろいろあるようです。今回はそんな学術研究には欠かせない2つの文章の形式の違いを、会社員ライターのれおな=007と一緒に解説していきます。
れおな=007

ライター/れおな=007

会社員として大阪市内で勤務する傍ら、執筆活動を続けるWEBライター。子どもの頃から文章を書くのが大好きで作文はもちろん、学生時代の学期末はテストよりレポートの評価が高かった人。日々独自の切り口、表現について研究中。

論文とレポートの大まかな違いは?

皆さんは、論文とレポートの違いを説明できますか。本項ではそれぞれの文章の違いを大まかに解説していきます。

論文:自ら問いを立てて結果と考察まで

論文とは執筆者自らが問いを立てて研究し、結果と考察までをまとめた文章のことです。主に大学はもちろん企業の研究所といった学術研究の期間で用いられる文章で、研究について明確かつ詳細に記述されます。

レポート:与えられた問いに関する事項を報告する

レポートとは出題者が与えた問いに関する事項を、執筆者の意見を含めて報告する文章のことです。出題者の問いに対する結論から掘り下げて書かれ、執筆者の経験が織り交ぜられることもあります。

\次のページで「違いその1.テーマの決め方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share:
れおな=007