家庭科

ピーナッツはダイエットや美容に効果的!栄養や効能・注意点も管理栄養士が簡単にわかりやすく解説

この記事ではつまみやおやつにぴったりの、ピーナッツの栄養や効能についてみていきます。ピーナッツは日本語で言うと落花生で、なんとなく栄養がたくさんありそうなイメージがあるよな。実際に栄養価が高く、健康や美容に欠かせない成分が含まれている食品らしいのです。あまり知られていなかった効果もあるみたいです。
今回はピーナッツの基本からおさえて、栄養や効能・特徴について管理栄養士のミサキと一緒に解説していきます。

ライター/ミサキ

給食施設で働く現役管理栄養士。おいしい食事とおやつを食べることが生きがい。ピーナッツ栽培が盛んな地元で育った。落花生をゆでて食べるのがお気に入り。

ピーナッツはナッツ類ではない?

image by iStockphoto

ピーナッツは、日本語で言うと「落花生」のことです。落花生は豆と殻まで含めた全体を指すこともありますが、ピーナッツは中の豆部分のみをいいます。

落花生は、マメ科ラッカセイ属の一年草。花が終わると地中に潜ってサヤをつける。食用にされる種子は別名ナンキンマメ(南京豆)、ピーナッツともいい、栄養価が高い。

出典:Wikipedia「ラッカセイ」

ピーナッツはその名前とは違い、ナッツ類ではありません。ナッツ類は栗やクルミ、アーモンドなどの木の実のことを指しますが、ピーナッツは豆類だったのです。ピーナッツは英語で「peanut」と書きますが、「pea」は豆という意味があります。ピーナッツを直訳すると豆の木の実、ということですね。

しかし、ピーナッツは栄養価が高くナッツ類の1つとして扱われることも多くあります。ミックスナッツに入っていることも良くありますね。食品成分表でも種実類と野菜類に記載があります。厳密にはナッツではないもののナッツ類の1つとして考えておいても間違いではないでしょう。

「落花生」と名付けられた理由は?

落花生は、その成長過程から名前が付けられています。落花生は、地上に花が咲いた後に下に向かって伸び、地中に根を張るように実を付けることから「花が落ちて生まれる」という意味で名づけられました。ピーナッツができる過程からも、木の実などのナッツ類ではないことが分かりますね。

\次のページで「ピーナッツの栄養と効能」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: