雑学

webとインターネットの違いとは?由来やWebサイトとの違いも元SEライターが詳しく解説

今回はWebとインターネットの違いについて学んでいきます。どちらもよく聞く言葉ですが、2つは全く異なるものです。そこで元SEの城崎がWebとインターネットのそれぞれの意味や繋がりについて解説してくれるぞ。

ライター/城崎ミト

元システムエンジニア。基本情報技術者試験に合格。現在は図書館スタッフとライターを兼業中。オリジナルでゲームや曲を作るのが好き。

似ているようで似ていない?インターネットとWebとは

image by iStockphoto

インターネットとWebは混同されがちですが、意味が異なります。例えるとインターネットが海で、Webが全国をつなぐ橋のような役割です。これだけだと理解しにくいですよね。それではそれぞれ見ていきましょう。

インターネット:情報網

インターネットとは、世界中のコンピューターを繋げる情報網のことです。スマートフォンやパソコンは情報のやり取りをするためにこのインターネットを使用しています。

もともとコンピューター同士をケーブルで繋いで情報のやり取りをできるようにしたものを「ネットワーク」と呼んでいました。そしてインターネットはその1つ1つのネットワークを世界中に繋げられるようにしたのです。

\次のページで「Web:インターネットを利用したシステム」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: