雑学

簡単でわかりやすい!成田空港第一ターミナルと第二ターミナルの違いとは?海外旅行好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では成田空港第一ターミナルと第二ターミナルの違いについてみていくぞ。2つとも千葉県成田市に所在する空港のターミナルだが、好みで選んでいいものではないぞ。旅行で飛行機に乗り遅れることのないように、今回は2つのターミナルの違いと特徴や行き方について、15年以上成田空港を愛用していた海外旅行好きライターaoと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ao

飛行機が離陸する瞬間を見るのが大好きで、休日に最寄りの空港の展望デッキに行くのが趣味なライター。

成田空港第一ターミナルと第二ターミナルの違いとは?

image by iStockphoto

関東圏に住んでいない人でも「成田空港」の名前を知っている人は多いと思いますが、第一ターミナルと第二ターミナルがあることを知らずに旅行当日に向かうと、どちらに行けば良いか分からずに慌ててしまうかもしれません。2つのターミナルの違いをみていきましょう。

違いその1.発着する航空会社

第一ターミナルと第二ターミナルの違いは発着する航空会社です。また第一ターミナルは南ウイングと北ウイングに分かれています。主な航空会社は以下のとおりです。

第1ターミナル 南ウイング
エアージャパン、アシアナ航空、エア・カナダ、エアソウル、エバー航空、シンガポール航空、 ANA、タイ国際航空、中国国際航空、ユナイテッド航空など

第1ターミナル 北ウイング
アエロフロート、厦門航空、エールフランス、ガルーダ・インドネシア、 KLM、大韓航空、中国南方航空、デルタ航空、 Peach、香港航空など

第2ターミナル
アメリカン航空、エミレーツ航空、カタール航空、キャセイ パシフィック、スリランカ航空、チャイナエアライン(中華航空)、中国東方航空、日本航空、フィンランド航空、マレーシア航空など

違いその2.降りる駅

電車で成田空港へ向かう場合、第一ターミナルは「成田空港駅」で下車、第二ターミナルは「空港第2ビル駅」で下車します。間違えて下車してしまった場合は、ターミナル間を走る無料シャトルバスを利用して移動可能です。しかし早朝と夜間は運行間隔が開くことや、バス乗り場を探す手間を考えると、事前に自分の利用する航空会社がどちらのターミナルか調べておき、降車駅を把握しておくのが良いでしょう。

\次のページで「第三ターミナルもある!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: