家庭科

グレープフルーツの簡単な剥き方や切り方は?美味しい食べ方や保存方法も果物大好きパティシエがわかりやすく解説

カットしたものは

皮を剥いたり、一度カットしたものは、ラップで包んで冷蔵庫へ。傷みが早くなるので、2~3日中には食べ切りましょう。

冷凍するなら果肉だけに

大量にあったり、傷みそうな場合は冷凍保存しましょう。冷凍だと日持ちは1か月ほど。グレープフルーツを冷凍する場合は、果皮を剥き、中の薄皮や種も取り除いて、身の部分だけを冷凍します。半解凍でシャーベットのように食べても良いですし、ミキサーで回して、スムージーやアイス、ジャムなどの加工に使えますよ。

ジュースを冷凍する

果肉のままだけでなく、果汁を絞ってジュースの状態にして冷凍保存することも出来ます。果汁を冷凍する場合は、小分けにしておけば、使う分だけ少量ずつ取り出せますね。果汁の冷凍ストックがあると、グレープフルーツの果汁入り飲料を作るときに、都度絞る手間もなく便利ですよ。もちろん、ドレッシングやゼリーなど、通常のグレープフルーツジュースと同じように使えます。

身近な果物「グレープフルーツ」はどんなシーンにも万能!

日々の生活に取り入れるなら、フレッシュは簡単に半分カットでスプーン、果汁を冷凍して炭酸飲料にプラス。ひと手間かけて丁寧に楽しむなら、フレッシュの盛り合わせは飾り切りでおしゃれに、マーマレードは白と赤の食べ比べを。どんなシーンにもなじむグレープフルーツ。扱い方を理解すれば、「身近な果物」から「親しい果物」に変身してくれますよ。

1 2 3
Share: