家庭科

グレープフルーツの簡単な剥き方や切り方は?美味しい食べ方や保存方法も果物大好きパティシエがわかりやすく解説

グレープフルーツは独特の酸味とほろ苦さのある柑橘類の一種です。皮が厚く、ミカンのように手で剥けないが、どのように切ったら食べられるでしょうか?手間のかからない切り方、食べやすい切り方、保存する時の切り方…意外とグレープフルーツはシーンに合わせた切り分けが出来るんです。今回はグレープフルーツの切り方・剥き方のコツ、保存方法、食べ方などを果物大好きパティシエのmei.mと一緒に詳しく解説していきます。

ライター/mei.m

15年近くウェディングケーキを作ってきたパティシエで、現在は2児のママ。フルーツが大好きで、味見と称して様々な果物を食べてきました。グレープフルーツのお気に入りのアレンジは、果汁を混ぜ込んで作るグレープフルーツシフォンケーキ!

基本の切り方

image by iStockphoto

手では剥きづらいグレープフルーツ。どうやって食べればよいか、思わず面倒になってしまいそうですが…ここでは簡単な切り方をご紹介します。包丁を使ってザクっと切れば、あっという間に食べられますよ。作業を始める前に、グレープフルーツはしっかり洗って、ほこりや汚れを落としましょう。特に輸入のものには、薬品が残っている場合があるので念入りに。

1.半分に切ってスプーンで食べる

一番簡単な方法は、包丁で半分にカットし、果肉をスプーンで食べる方法です。この時、果実を縦に切ってしまうと果肉を包む袋(瓤嚢膜(じょうのうまく))に当たって上手く食べられませんので、上下をきちんと確認し、真横に切りましょう。半分に切ってスプーンで食べると、カットで果汁をこぼすことなく、きれいに食べ切れますね。

ちなみに、果汁を絞る際も、この方向で切りますよ。

2.スマイルカットで

食べやすく、サービスもしやすいのが「スマイルカット」。断面が笑った時の口元に似ていることから「スマイルカット」と呼ばれます。オレンジなど他の柑橘類にも使える切り方ですので、一度覚えると便利ですよ。それでは切り方を詳しく解説します。

1.皮のままのグレープフルーツの上下を確認し、包丁で真横に半分に切る
2.断面を上にして、さらに縦半分に切る
3.くし型になるので、皮を下に置き、三角のてっぺんからさらに半分に切る

\次のページで「皮を剥きたい時は」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: