雑学

簡単でわかりやすい!関西と近畿の違いとは?範囲や使い分けも近畿出身ライターが詳しく解説!

この記事では関西と近畿の違いについてみていきます。関西と近畿は、含まれている都道府県が一部かぶっていることもあって混同しやすい言葉ですね。実際に、その大きな違いは含まれる範囲なのですが、それぞれ使い始められた時期や使われる場面などにも違いがあるみたいです。今回はそんな日本の地域を指すふたつの言葉の違いを、近畿地方出身の元教員ライター、ことはと一緒に詳しく解説していきます。

ライター/ことは

元教員ライター。小・中・高の国語科教員免許を持つ。幼いころから知的好奇心が旺盛でさまざまなことに興味を持っては調べてきた。今回は自分の出身地でもある近畿と関西について、これまで疑問に思っていたことを活かして解説していく。

関西と近畿の違いとは?

image by iStockphoto

日本には北陸地方や中国地方などさまざまな地域区分があります。その中でも京都や大阪近辺を関西や近畿と呼ぶことがありますが、ふたつの何が違うのか、明確に説明できる人は少ないのではないでしょうか。

大まかなイメージで何となく西の方、とあいまいに認識しがちですが、関西と近畿の違いは含まれる都道府県の違いなんです。さらに、どういう場面で使われるのかにも違いがあるので、その点も含めてふたつの違いを見ていきましょう。

関西ってどこのこと?

image by iStockphoto

関西というと大阪や京都を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。関西弁や関西人という言葉も連想されるかもしれませんね。実はこの関西という概念の歴史は古く、平安時代ごろから認識されていました。まずは関西の定義から見ていきましょう。

関西の定義

「関西」はもともと、関東との対比として使われるようになった言葉で、文字通り「ある関所よりも西側の地域」を指すのが関西、「ある関所よりも東側の地域」を指すのが関東です。ここで基準となる重要な「関所」ですが、統一されているわけではなく3通りの説があります。

・近江逢坂(おおさか)の関:現在の滋賀県
・伊勢鈴鹿の関、美濃不破(ふわ)の関、越前愛発(あちら)の関:現在の三重県、岐阜県、福井県
・箱根の関:現在の神奈川県

以上のように、関西と関東を分ける境界線となる関所の位置が統一されていないため、関西に含まれる地域についても様々な考え方があります。

\次のページで「関西の範囲」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: