IT・プログラミング雑学

簡単でわかりやすい!yumとrpmの違いとは?パッケージって何?仕組みからプログラマーがわかりやすく解説

LinuxなどではWindowsとアプリのインストール方法が違うそうです。そのために使うのがyumやrpmです。ですが、なぜ2つもあるのでしょうか。そもそもこれらは何をしてくれるんでしょう。その肝がパッケージらしいのです。パッケージとは何かやyumとrpmの違いをUNIX系OSの経験も長いプログラマでもあるライターのwoinaryと一緒に解説していきます。

ライター/woinary

某社で社内向け業務システムの開発、運用を30年近くやっていたシステム屋さん。LinuxなどのUNIX系OSの経験も長い。現在はフリーランス。ガジェットやゲーム、ラノベが大好きなおっさんです。

アプリのオンラインストア?パッケージ管理システムとは

image by iStockphoto

Windowsやスマホでアプリをインストールしたことはありますよね。ストアでアプリを探して購入ボタンを押すインストールできます。Windowsの場合はWebサイトからダウンロードしてインストールすることも可能です。では、Linuxなどではどうでしょう。

LinuxなどのUNIX系OSでも、そのアプリのWebサイトからダウンロードしてインストールすることも可能です。でも、多くの場合はパッケージ管理システムを使います。そのパッケージ管理システムがyumやrpmです。ざっくり言えばrpmを使いやすく便利にしたのがyum。それではパッケージ管理システムとyumやrpmについて解説していきます。

rpm:基本的なパッケージ管理システム

パッケージ管理システムについては後で説明するので、まずはアプリのインストールを簡単にしてくれるものと思ってください。

UNIX系OSのひとつであるLinuxの中でもRedHat Enterprise LinuxやCentOSなどをRedHat系Linuxと呼びます。このRedHat系で使うパッケージ管理システムがrpmです。「RPM Package Manager」の略でRPMですが、以前は「Red Hat Package Manager」の略。RedHat系以外でも使われるようになったので、名前が変わったのです。

\次のページで「rpmを便利にするメタパッケージ管理システム」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: