ビジネス雑学

3分で簡単にわかる常務と取締役の違い!専務との違いや関連用語も雑学好きライターがわかりやすく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「取締役」以外の役員としては「会計参与」と「監査役」があるようだ。「会計参与」は会社の会計を管理士、「監査役」は「取締役」と「会計参与」の職務に不正がないかを監査する役割なんだな!

常務は役職の一種、取締役は役員の一種

ここまで「常務」と「取締役」の違い、「常務」と「専務」の違い、そして「取締役」以外の役員について解説してきました。会社のトップ層の構造が理解できたのではないでしょうか。

「常務」は日常業務を統括している以上、会社の業績に大きな責任を持っています。また会社の意思決定に関わっているため、会社の舵取りについて大きな責任を持つのが「取締役」。「常務」は役職の一種で、「取締役」は役員の一種ですが、いずれも重要な役割を担っていることは間違いないのです。

1 2 3
Share: