家庭科

コンビーフはどんな食べ物?特徴や栄養・効能をフードアナリストが簡単にわかりやすく解説

コンビーフは、なぞの肉が詰まっていると缶詰めと思っている人もいるんじゃないか。ですが、コンビーフは100%牛肉が使われていて長期保存にも適した食品なんです。今回は、コンビーフがどんな食べ物なのか、特徴や栄養・効能についてもフードアナリストのコナパパと一緒に解説していきます。

ライター/コナパパ

フードアナリスト兼、現役のコック。さまざまな食材に対する知識がある。今回はさまざまな料理にも使うことのできるコンビーフについて解説していく。

コンビーフはどんな食べもの?

コンビーフは、聞いたことがあるけど食べたことがない人や、名前にビーフとついているが本当にビーフなのか?と思っている人も多いのではないでしょうか。ここでは、コンビーフがどんな食べ物なのか、特殊なシルバーの缶についてもご紹介します。

コンビーフの原材料は?

image by iStockphoto

コンビーフのコンとはcorned(塩漬け)の意味で、原材料は塩漬けされた牛肉です。日本では通常、塩漬けにした牛肉を加熱したあと、ほぐしてから缶詰めされたものをコンビーフの呼びますが、海外では塩漬けした生の牛肉のことをコンビーフ呼ぶことがあるんですよ。塩漬けした牛肉なので、コンビーフ以外にソルトビーフとも呼ばれています。

また、コンビーフという名前は、2006年から100%牛肉を使ったもののみ使用できる名前なので、それ以外の肉が使われていることはありません。

日本では、塩漬けした生の牛肉が売られているのをあまり見かけませんが、海外ではごく一般的な食材として存在するんですよ。有名な料理ですと、キャベツとコンビーフを一緒に煮込んだアイルランド料理「コンビーフアンドキャベジ」や、ブラジル料理の「フェイジョアーダ」などが有名です。

コンビーフ缶の歴史

image by iStockphoto

日本でよく見かける枕缶と呼ばれる缶に詰められたコンビーフは、1875年アメリカのビリー社によって製造が開始されました。この当時は、缶切りがまだ普及していなかったので、缶の一部を帯状に巻き取る「巻取り鍵式」の缶が採用されたようです。

国産ですと、ノザキのコンビーフが70年あまり巻取り鍵式の缶で、根強い人気がありましたが、2020年から底面部のシールをはがして簡単に開封できるタイプのアルミック缶に変更されています。

コンビーフの価格は高い?

コンビーフは、おもに缶詰めの食品ですが正直なところ高いです。日本だと緑の缶に牛が描かれたノザキのコンビーフが有名ですが、2017年に公式ツイッター上で「ぶっちゃけ肉より高い。」と自社製品を自虐するツイートをしました。その他のツナやトマトの缶詰と比べても、倍以上の値段はするので高く感じる人もいるでしょう。ただこれは、単純に原材料がほぼ牛肉であることや加工している手間がかかっているのが大きな理由です。

日本では牛肉をハムやソーセージなどの加工品にすることはあまりなく、これだけ便利で手軽に牛肉を食べられる加工品はあまりありません。お酒のおつまみで、ビーフジャーキーなどもありますがそれなりの値段で売られています。

\次のページで「特徴のあるコンビーフ」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: