文化・歴史雑学

簡単でわかりやすい!白川郷と五箇山の違いとは?世界遺産「白川郷と五箇山の合掌造り集落」の特徴を国内旅行好きライターが詳しく解説

この記事では白川郷と五箇山(ごかやま)の違いについてみていきます。岐阜県の白川郷、富山県の五箇山は「白川郷と五箇山合掌造り集落」として世界文化遺産に登録されている。今回は同じ世界遺産として登録された白川郷と五箇山の歴史や規模の違いから合掌造りについてまで、国内旅行好きライターyukoと一緒に解説していきます。

ライター/yuko

国内旅行が好きな現役OLライター。3か月に1度のペースで国内旅行をするのが趣味。旅行以上に旅行に行くまでの下調べを楽しんでいる。幼少期から家族旅行で全国さまざまな土地を観光してきた。

白川郷と五箇山の違いとは?

image by iStockphoto

岐阜県の白川郷と富山県の五箇山は1995年に「白川郷と五箇山の合掌造り集落」として世界文化遺産に登録されました。両方とも同じ世界遺産ですが違いを簡単に説明すると、白川郷は規模の大きい観光地五箇山はこじんまりした隠れた名所といえるでしょう。ここでは両者の違いについて詳しくご紹介していきます。

白川郷:規模が大きい観光地

白川郷は岐阜県大野郡白川村荻町の大小100棟ほどの合掌づくりの集落のこと。世界遺産に登録されてもなお、そこで生活をしている人がいます。人々の相互扶助の精神や営みも含めて世界遺産登録の理由になったといわれているんだそう。

白川村は豪雪地であることでも知られ、雪国だからこそみられる荘厳な積雪と合掌造りとのコラボレーションは圧巻。1年をとおして萩町城跡展望台や城山天守閣展望台は白川郷を一望できるスポットとして人気が高いですが、特に冬のライトアップイベントでは駐車場を予約制にしたり、宿泊や展望台利用を抽選制にするなど入場制限がされているほどです。

五箇山(ごかやま):こじんまりした隠れた名所

五箇山は富山県の南西端に位置しています。飛騨高地から日本海へ続く庄川(しょうがわ)沿いの谷間に40ほどの集落があり、そのうちの相倉(あいのくら)合掌造り集落と、菅沼(すがぬま)合掌造り集落が白川郷とともに世界遺産に登録されているのです。

相倉合掌造り集落は家屋20棟を主体とした集落で、菅沼合掌造り集落は9棟を主体とした集落。白川郷と比べると相倉合掌造り集落は中規模集落、菅沼合掌造り集落は小規模集落といえるでしょう。

世界遺産「白川郷と五箇山の合掌造り集落」とは?

image by iStockphoto

1995年にユネスコ世界文化遺産に登録された「白川郷・五箇山合掌造り集落」は、岐阜県白川村荻町、富山県五箇山相倉、菅沼の3集落をさします。日本の世界遺産としては6件目、世界文化遺産としては4件目の登録。

日本ユネスコ協会連盟によると世界遺産登録には6つの価値基準があるとされ、以下の2項目に「白川郷・五箇山合掌造り集落」は、当てはまるため世界文化遺産に登録されたといわれています。

・歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である。
・あるひとつの文化(または複数の文化)を特徴づけるような伝統的居住形態若しくは陸上・海上の土地利用形態を代表する顕著な見本である。又は、人類と環境とのふれあいを代表する顕著な見本である。(特に不可逆的な変化によりその存続が危ぶまれているもの)

(出典:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟)

\次のページで「合掌造りってなんだろう?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: