この記事では「ジャケット」と「ブレザー」の違いについて解説していきます。どちらもファッションの分野ではよく聞くアイテムですね。実はブレザーとはジャケットの一種のようですが、ファッション用語は何となくのイメージで使われることが多く、あいまいなまま使っている大人も多のです。今回はそんなファッションアイテムの違いを、由来なども確認しながら、衣装マニアライターのことはと一緒に解説していきます。

ライター/ことは

元教員ライター。小・中・高の国語科教員免許を持つ一方で、ステージ衣装やコスプレ衣装マニアな一面も持つ。今回はそんな衣装に関する知識を生かして、ふたつのアイテムの違いを分かりやすく解説していく。

「ジャケット」と「ブレザー」の違いは?

image by iStockphoto

「ジャケット」と「ブレザー」のどちらも、ファッション業界で働いていなくても日常生活でよく聞くアイテムですよね。しかし、ファッション関係の言葉は何となくのイメージで使われることも多く、このふたつのアイテムの違いを明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

このふたつ実は、ブレザーはジャケットの中の一種という関係なんです。あいまいに使われることも多いですが、ジャケットにもブレザーにも明確な定義があるので、ふたつのアイテムについて詳しく見ていきましょう。

「ジャケット」とはどんなもの?

image by iStockphoto

ジャケットとは、簡単に言うと袖のついた上着の総称のことです。まずはこのジャケットの詳しい定義から見ていきましょう。

「ジャケット」の定義

ジャケットとは「上着」という意味の言葉で、もともとジャケットの由来は、14世紀半ば頃に農民が着ていた「ジャック」というひざ丈で長袖の作業着の上着だと言われています。このジャックが「ジャケット」に変化して現在でも使われているのです。

16世紀までは現在のジャケットよりも長めの丈で、男性専用の服として認識されていましたが、18世紀以降女性もジャケットを着るようになりました。そして現代の解釈では、一般的に「コートよりも短めの丈の上着」かつ、カジュアルなファッションアイテムであると考えられています。

「ジャケット」の種類

ジャケットは、一般的にカジュアルなファッションアイテムであり、コートより丈が短い上着であるという定義がありますが、実際にはさまざまなバリエーションがあります。ここでは、ジャケットの種類の一例を見ていきましょう。

・テーラードジャケット(えり付きのジャケット)
・ダウンジャケット(防寒具として使うジャケット)
・ライダースジャケット(革製のジャケット)
・フライトジャケット(パイロットが飛行時に着るジャケット)

\次のページで「「テーラードジャケット」の定義」を解説!/

「テーラードジャケット」の定義

紹介したジャケットの種類の中でも、ブレザーと混同しやすいのが「テーラードジャケット」です。後で「ブレザー」と比較するために、ここではテーラードジャケットの定義について触れていきます。テーラードとは紳士服という意味があるので、テーラードジャケットとはカジュアルなイメージの強いジャケットの中でもフォーマルなもののことを指しているのです。

より詳しく見ていくと、素材は綿やポリエステルなど表面に光沢があるものボタンはプラスチック製のもの、色に決まりはありませんが基本的に男性用のものでフォーマルな見た目のもの、という細かい定義があります。

「ブレザー」とはどんなもの?

image by iStockphoto

日本では、ブレザーというと中学校や高校の制服というイメージが強いですが、本来はジャケットの中でもテーラードジャケットの一種のことを指します。では、ブレザーの定義について、詳しく見ていきましょう。

「ブレザー」の定義

ブレザーはテーラードジャケットの中の一種です。したがって、テーラードジャケットの定義と比較してブレザーの定義を見ていきましょう。

まず、ブレザーの素材は主にフランネル生地(ネルシャツでおなじみの分厚い毛織物)で、ボタンは金属製です。生地の色は基本紺色で、男性用だけでなく女性用もあります。またフォーマルな印象の強いテーラードジャケットに比べるとスポーティーな見た目のものがブレザーです。

「ブレザー」の由来その1:ボート競技のユニフォームから

ここからは「ブレザー」と呼ばれるようになった由来として考えられているものをふたつ紹介していきます。

ひとつ目は、1829年ごろイギリスの有名大学がボート競技の試合で着ていたジャケットを「Blazer」と呼んでいたことが由来になった、という説です。「Blazer」には強い輝きという意味があり、選手たちのジャケットの呼び名としてはこれ以上ないものでした。

これが、シングル前開きタイプのジャケットをブレザーと呼ぶ由来になったと考えられているのです。

「ブレザー」の由来その2:海軍の制服から

ふたつ目は、イギリス海軍の船「ブレザー号」の乗務員制服が由来しているという説です。これが、ダブル前開きタイプのジャケットをブレザーと呼ぶ由来になったと考えれています。

ふたつの由来から見てもわかるように、ブレザーはイギリスで生まれ、社交クラブや学生服として普及し、その後アメリカに伝わったようです。そしてアメリカでも私立大学の制服やユニフォームとして定着し、現在では世界中に普及して、学校の制服などカジュアルな場面で一般的に使用されるようになっています。

\次のページで「「スーツ」とは何が違うの?」を解説!/

「スーツ」とは何が違うの?

image by iStockphoto

ジャケットやブレザーと似た意味で使われることの多い「スーツ」ですが、実はスーツはアイテムの名前ではなく、「状態」を表すものなんです。つまり、スーツとは「テーラード型のジャケット+スラックスのツーピース一式」や「テーラード型のジャケット+スラックス+ベストのスリーピース一式」など「同じ生地で作られた服一式」のことを指します。

基本的にスーツは余計な装飾はなく、形も上半身にフィットするようなスリムな形です。スーツはもともとアメリカで仕事着として普及したもので、現在では世界中で社会人の正装として定着しています。

「ジャケット」と「ブレザー」の違いを理解しておしゃれさんになろう!

この記事では、ジャケットとブレザーの違いについて見てきました。ジャケットの方が様々なものを含んでいて、その中のひとつがブレザーであることが分かりましたよね。今回見てきたジャケットとブレザー、そしてスーツは、よく似た意味で使われます。またファッション用語は何となくのイメージで使われることが多いのでアパレル店などでも混同して使われることもあるくらいです。しかし、この3つには少しずつ違うところがあるので、着る場面を間違えるとどこか変になってしまうこともあります。今回紹介したアイテムをそれぞれ使いこなして、おしゃれに着こなしましょう!

" /> 簡単でわかりやすい!ジャケットとブレザーの違いとは?スーツとの違いもあわせて衣装マニアライターが詳しく解説! – ページ 2 – Study-Z
雑学

簡単でわかりやすい!ジャケットとブレザーの違いとは?スーツとの違いもあわせて衣装マニアライターが詳しく解説!

「テーラードジャケット」の定義

紹介したジャケットの種類の中でも、ブレザーと混同しやすいのが「テーラードジャケット」です。後で「ブレザー」と比較するために、ここではテーラードジャケットの定義について触れていきます。テーラードとは紳士服という意味があるので、テーラードジャケットとはカジュアルなイメージの強いジャケットの中でもフォーマルなもののことを指しているのです。

より詳しく見ていくと、素材は綿やポリエステルなど表面に光沢があるものボタンはプラスチック製のもの、色に決まりはありませんが基本的に男性用のものでフォーマルな見た目のもの、という細かい定義があります。

「ブレザー」とはどんなもの?

image by iStockphoto

日本では、ブレザーというと中学校や高校の制服というイメージが強いですが、本来はジャケットの中でもテーラードジャケットの一種のことを指します。では、ブレザーの定義について、詳しく見ていきましょう。

「ブレザー」の定義

ブレザーはテーラードジャケットの中の一種です。したがって、テーラードジャケットの定義と比較してブレザーの定義を見ていきましょう。

まず、ブレザーの素材は主にフランネル生地(ネルシャツでおなじみの分厚い毛織物)で、ボタンは金属製です。生地の色は基本紺色で、男性用だけでなく女性用もあります。またフォーマルな印象の強いテーラードジャケットに比べるとスポーティーな見た目のものがブレザーです。

「ブレザー」の由来その1:ボート競技のユニフォームから

ここからは「ブレザー」と呼ばれるようになった由来として考えられているものをふたつ紹介していきます。

ひとつ目は、1829年ごろイギリスの有名大学がボート競技の試合で着ていたジャケットを「Blazer」と呼んでいたことが由来になった、という説です。「Blazer」には強い輝きという意味があり、選手たちのジャケットの呼び名としてはこれ以上ないものでした。

これが、シングル前開きタイプのジャケットをブレザーと呼ぶ由来になったと考えられているのです。

「ブレザー」の由来その2:海軍の制服から

ふたつ目は、イギリス海軍の船「ブレザー号」の乗務員制服が由来しているという説です。これが、ダブル前開きタイプのジャケットをブレザーと呼ぶ由来になったと考えれています。

ふたつの由来から見てもわかるように、ブレザーはイギリスで生まれ、社交クラブや学生服として普及し、その後アメリカに伝わったようです。そしてアメリカでも私立大学の制服やユニフォームとして定着し、現在では世界中に普及して、学校の制服などカジュアルな場面で一般的に使用されるようになっています。

\次のページで「「スーツ」とは何が違うの?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: