雑学

3分で簡単にわかる「法律」と「法令」の違い!「命令」「政令」「省令」との違いや役割もビジネス文書作成熟練者がわかりやすく解説

この記事では「法律」と「法令」の違いについてみていきます。2つとも国が定めたルールで、ニュースや新聞などでよく見聞きすることがあるよな。どちらも意味は似ているが、それぞれ持つ意味や役割は違うみたいです。今回は普段から使われるこの2つを「命令」や「政令」「省令」との違いも含めて、ビジネス文書作成の熟練ライター西風と一緒に解説していきます。

ライター/西風

企業にて10年以上にわたりビジネスパーソンとの交流や企画書・論文作成を経験。現在は後進育成にも注力。文章のわかりやすさはもちろん、言葉の意味や使い方にもこだわり、わかりやすく正確な情報をお届けします。

「法律」と「法令」の違いとは?

image by iStockphoto

この2つは国が定めたルールを表現する時に用いられる言葉です。しかし正確な違いがわからない、明確に使いわけられないという人も多いのではないでしょうか。この2つの違いを理解することで国が定めたルールの構造がわかるようになり、ニュースや新聞を見聞きするときの理解に役立ちます。その違いについて、詳しく見ていきましょう。

「法律」は国会が定めたルール

「法律」は国会議員が衆議院や参議院の場で法律案を議論し、両院での可決といった過程を経て成立するルールです。憲法の次に効力を持っています。

「法令」は「法律」+行政機関が定めたルール

「法令」は上記「法律」と、内閣や各省庁が「法律」を実行するために細かく定めたルールを総称したものです。

「法律」と「法令」の意味と役割

image by iStockphoto

ここからは「法律」と「法令」の違いに着目しながら、その意味や役割について詳しくみていきましょう。

「法律」の意味と役割

「法律」を辞書で詳しく調べると、以下のような意味だとわかります。

\次のページで「「法令」の意味と役割」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: