家庭科雑学食べ物・飲み物

簡単でわかりやすい!ブリーチーズとカマンベールチーズの違いとは?おすすめの食べ方も健康オタクライターがくわしく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではブリーチーズとカマンベールチーズの違いについてみていくぞ。2つとも円形の白いチーズってイメージがあるよな。どちらも同じ白カビチーズだが違いはずばり大きさにあるようだ。また原産地や発祥時期にも違いがあるらしい。
今回は店頭でもよく見かける2つのチーズを比較しながら、白カビチーズの特徴や栄養価、おすすめの食べ方まで健康オタクライターyukoと一緒にくわしく解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/yuko

ヨガ歴7年、筋トレにはまりデッドリフトでダンベル100kgを持ち上げた過去をもつ。身体にいい食事、体づくりに最適な食材にアンテナをはって生きている現役OLライター

ブリーチーズとカマンベールチーズの違いは大きさ

image by iStockphoto

ブリーチーズとカマンベールチーズはどちらも同じ白カビチーズです。両者の違いは大きさにあります。ブリーチーズは直径27~36cmほど。カマンベールチーズは直径12cmほど。ブリーチーズはカマンベールチーズよりも直径が3倍ほど大きいので、店頭に並ぶブリーチーズは扇形にカットされた1ピースということになりますね。

ここからくわしくブリーチーズとカマンベールチーズの違いについて解説していきましょう。

ブリーチーズ:直径27~36cm

ブリーチーズは直径27~36cmのかなり大きめな白カビチーズです。その歴史は古く1000年以上前から作られていたんだそう。原産地はフランスのブリー地方。これがブリーチーズと呼ばれる由来になっています。フランスではチーズの王様と称されとても人気の高いチーズなんだとか。

カマンベールチーズ:直径12cm

カマンベールチーズは直径12cmほどの白カビチーズ。ブリーチーズに比べるとだいぶ小ぶりです。ブリーチーズの製造方法が1791年農家の娘マリー・アレルによってカマンベール村に伝わりブリーチーズのレシピをもとにつくられたものがカマンベールチーズになります。カマンベールチーズの名前の由来も原産地になりますね。

大きさが違うと味が違う?

ブリーチーズとカマンベールチーズを食べ比べると、ブリーチーズの方がまろやかで味に癖がなく食べやすいです。その違いはずばり大きさからきているんだとか。

体積が広くて白カビ率が低いブリーチーズは、体積が狭く白カビ率の高くなるカマンベールチーズと比べると、より原材料の牛乳の甘味を感じます。白カビの酵素には、乳たんぱくをうまみ成分アミノ酸と、香りのもとアンモニアへ分解する働きがあり、熟成が進んでいくと旨味と香りの両方が強くなるため、白カビ率の高いカマンベールチーズの方が風味の強いチーズになるんですね。

\次のページで「ブリーチーズとカマンベールチーズの製造方法と栄養価は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: