IT・プログラミング雑学

簡単でわかりやすい!OpenGLとDirectXの違いとは?グラフィックスAPIの役割もプログラマーが詳しく解説

スマホやパソコン、ゲーム機でゲームをしたことがあるか。2Dや3DのCGがすごいよな。ああいうゲームで活躍するのがグラフィックスAPIです。その中でも有名なのがOpenGLとDirectX。ですが、この2つは何が違うのでしょう。それにどんな役割を果たしているんでしょうか。そんなグラフィックスAPIの役割やOpenGLとDirectXの違いをパソコンゲームにも詳しいプログラマでもあるライターのwoinaryと一緒に解説していきます。

ライター/woinary

某社で社内向け業務システムの開発、運用を30年近くやっていたシステム屋さん。パソコンゲームにも詳しい。現在はフリーランス。ガジェットやゲーム、ラノベが大好きなおっさんです。

ゲームや動画作成に大活躍?OpenGLとDirectX

image by iStockphoto

パソコンでゲームをしたことがある方なら「DirectX対応」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。このDirectXやOpenGLというのは、パソコンやスマホなどのコンピューターで3Dグラフィックスを表示するときに使います。さらに、最近はアニメーション映画を作るのにも必要です。

話題のメタバースやVRからゲーム、アートまで、コンピューターグラフィックス(CG)に欠かせない存在がグラフィックスAPI。その代表がOpenGLとDirectXです。その違いはざっくり言えばCG界のiPhoneとAndroid。その意味を説明していきます。

\次のページで「OpenGL:ルーツはコンピュータグラフィックス」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: