IT・プログラミング雑学

簡単でわかりやすい!メモリの低電圧と標準電圧の違いとは?互換性や混在についてもプログラマーが詳しく解説

パソコンにはメモリが必要ですね。足りなくなった場合に増設したり差し替えたりすることもある。そんな時に注意が必要なのがメモリの規格です。使っているパソコンによって使えるメモリも違うわけです。ですがそのメモリも低電圧と標準電圧があるそうです。電圧が違うのでしょうがどう違うのか、混在できるのかが気になるよな。そんなメモリの違いや豆知識を35年以上のパソコン経験を持つプログラマでもあるライターのwoinaryと一緒に解説していきます。

ライター/woinary

某社で社内向け業務システムの開発、運用を30年近くやっていたシステム屋さん。パソコンも35年以上の経験をもつ。現在はフリーランス。ガジェットやゲーム、ラノベが大好きなおっさんです。

メモリの低電圧と標準電圧、何が違うの?

image by iStockphoto

パソコンもメモリが無ければただの箱。多くの場合は最初からついているので意識することはありませんね。でもメモリが足りないなと思うことも。パソコンによってメモリを増やすことや交換することができるものもあります。その時注意が必要なのはパソコンによって使えるメモリが決まっているということ。

そのいくつかある規格の中でもDDR3というものには低電圧と標準電圧の2種類あります。この違いはざっくり言えば動作する電圧の違い。その電圧はパソコンによって決まるので、同じDDR3メモリを使うものでもどちらを使うか注意する必要があります。

標準版(DDR3):1.5Vで動く

DDR3メモリの中でも最初に登場したのが標準電圧のもの。標準電圧は1.5Vになっています。元々は標準電圧しかありませんでした。後から低電圧が出てきたわけですね。

低電圧版(DDR3L):1.35Vで動く

後から出たのが低電圧のものです。DDR3と区別するため「DDR3L」と呼ばれています。その電圧は1.35V。DDR3の1.5Vよりも低い電圧だから低電圧というわけです。この両者は見た目の違いはありません。とても紛らわしいですね。しかし、どちらも同じように使うことができます。それが「互換性がある」ということです。

\次のページで「原則として互換性はある、混在も可能だが注意も必要」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: