雑学

簡単でわかりやすい!CD-RとDVD-Rの違いとは?CD-RW・DVD-WRとの違いや見分け方も元SEのライターが詳しく解説!

これからCD-R・CD-RW・DVD-R・DVD-WRの違いについて学んでいきます。さすがに多すぎて覚えられないって思うか?ですがそれぞれの特徴を知らないと、いざ使う時に困るかもしれませんね。そこで今回はCDとDVDの取り扱い経験のある元SEの城崎が順を追って解説していきます。

ライター/城崎ミト

文系でもSEに就職。入社した年度に基本情報技術者試験に合格する。現在は図書館スタッフとWebライターを兼業している。

そもそもCDとDVDの違いって何?

image by iStockphoto

CDとDVDといえば音楽や動画を見るための円盤というイメージが一般的でしょう。Webサービスで音楽や動画が利用できるようになってから見かける機会は減ったものの、まだ使用される場面は多々あります。ここではCDとDVDの違いについて見ていきましょう。

CD:音楽データを保存

CDとDVDの1番の違いは保存できる容量の大きさです。見た目は両方とも直径12cm、厚さ1.2mmとそっくりですが、CDの保存できる容量は650MBや700MBほどとなっています。700MBだと音楽80分ほどのデータを保存することが可能です。しかし一方で地上波で放送されるデータ形式「MPEG2」の動画はわずか11分ほどしか保存することができません。

このことからCDは音楽やテキストなど軽いデータを保存することに向いていると考えられます。

DVD:動画や大きなデータを保存

DVDの容量は4.7GBで、CDより7倍近く大きなデータを保存することができます。そのため動画を保存する時はDVDを使用することが一般的です。高画質な写真や大量の画像を保存する時もDVDを使用します。

CD-RとCD-RW、DVD-RとDVD-WRの違いとは?

image by iStockphoto

次は「R」と「RW」の違いについて見ていきましょう。目的によって正しいものを選ばないと「なんか上手くできないぞ」と混乱することになります。要チェックです。

\次のページで「「R」と「RW」の表記の違い」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: