この記事では「鴨の水掻き」について解説する。

端的に言えば「鴨の水掻き」の意味は「人知れない努力をしていること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んです。一緒に「鴨の水掻き」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「鴨の水掻き」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「鴨の水掻き(かものみずかき)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「鴨の水掻き」の意味は?

「鴨の水掻き」には、次のような意味があります。

《気楽そうに浮かんでいる鴨も、水面下では水かきを絶えず動かしているところから》人知れない苦労があることのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「鴨の水掻き」

この言葉は、「他人から見たらわからないような苦労がある」ことをたとえて言う慣用表現です。「他人から見たらわからないような」というところがポイントで、その当人にしかわからない悩みや大変さなどを表すのに使われます。

一見余裕に見えても人知れない努力・苦労をしているというニュアンスで褒め言葉としても使えそうなのですが、用法としては「苦労が絶えないこと」を表すことが多いのに注意。誰かに対して使う場合は注意した方がいいかもしれません。

外から見えない部分のことを「水面下(すいめんか)」とも言い、比喩的にも使えます。皆さんにも、他者から簡単には見えない部分があるはず。そういうところでは、どんな苦労や努力をしているのか思いを寄せてみましょう。

「鴨の水掻き」の語源は?

次に「鴨の水掻き」の語源を確認しておきましょう。鴨が水に浮かんでいる姿を想像してみてください。スイスイと泳いでいる姿は外から見れば気楽そうですが、水の下では足をしっかり動かしているはず。この表現はそんな姿をたとえたものと言われています。

似た言い回しで、「鴨」を「白鳥」に換えて「優雅に泳いで見えても水面下で努力している」というものを耳にしたことがある人もいるかもしれません。ですが、これはマンガの中で使われたたとえが定着したものだそうで、「白鳥の水かき」という慣用表現は辞書にはありませんでした。

「鴨」なら苦労、「白鳥」なら努力、と強調される部分に違いがあるのは、その鳥の持つイメージのせいもあるのでしょうか。細かい違いではありますが、「白鳥」のほうが覚えやすいからと良い意味で捉えていると読み違えてしまうかもしれません。注意しましょう。

\次のページで「「鴨の水掻き」の使い方・例文」を解説!/

「鴨の水掻き」の使い方・例文

「鴨の水掻き」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

・撮影の現場に入ってわかったが、早朝や深夜の仕事なんて当たり前で、見た目の華々しさとは違う、まさに鴨の水掻きとでも言うべきものだった。
・秀才兼備の彼女だが、実は養子で鴨の水掻きのごとく努力をしていることを知っているのはほんのわずかだ。
・会社勤めをせずいきなり起業した彼は、飲みに行っても常に仕事のことが気になっているようで、鴨の水掻きなのだろうということが推し量られた。

「人知れない苦労や努力をしている」ニュアンスが伝わりますでしょうか。意味の項でも述べましたが、ここでは「苦労が絶えない・大変である」に寄せた例文をあげています。「人知れないところで頑張っている」というとポジティブな意味になりそうですが、ここはしっかり原義を押さえておきましょう。

また、「人知れず」と付くところから、「一見すると苦労しているように見えない、ぱっと見気楽そうである」など、必ず対比的な文脈が用いられます。「大変そうで、やっぱり・思った以上に大変だった」という内容にはなりません。

これを理解しておくと読解の際にも文脈を捉えやすくなるはずです。「そうは見えないけれど、実は苦労がある」場面にどんなものがあるか、自分なりに想像しておくと理解が深まりますよ。

「鴨の水掻き」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「鴨の水掻き」の類義語は「縁の下の力持ち」がいいでしょう。

「縁の下の力持ち」:人に知られずに、陰で努力・苦労していること

これは「人に知られずに、陰で努力・苦労している」ことを意味する慣用表現です。こちらは比較的有名な言い回しのため、聞いたことがある人も多いでしょう。

「縁の下」は特に和風建築にある「縁側(えんがわ)」の床下のこと。そこで「家を支えている力持ち」にたとえているわけですから、「鴨の水掻き」と比べて、こちらの表現は前向きな褒め言葉使われることが多いのも納得できますね。状況に応じて使い分けられるようにしてください。

ちなみに同じ意味で「縁の下の舞(まい)」と表現することもあります。こちらも余裕があれば押さえておきましょう。

クラス委員会ではほとんど発言せず目立たない彼だけれど、気遣いや下準備の万全さでいつも縁の下の力持ちとして活躍してくれていることを、みんな知っている。

「鴨の水掻き」の対義語は?

「鴨の水掻き」の対義語には「順風満帆(じゅんぷうまんぱん)「飛ぶ鳥を落とす勢い」を紹介します。

「順風満帆」「飛ぶ鳥を落とす勢い」

「順風満帆」は、「物事が順調に運んでいる様子」を意味する四字熟語。見た目通りにすいすい進んでいて、人知れないところでの苦労などもなさそうです。船が風を受けてぐんぐん進んでいく様子をたとえたもので、上手くいっていることに対して使うことができます。

「飛ぶ鳥を落とす勢い」はさらに、飛んでいる鳥も落としてしまうほど「勢いが盛んである」ことを意味する慣用表現です。自分が順調なだけでなく、周りを圧倒するまでの勢いがあるならこちらが適した表現になるでしょう。

どちらも強めの前向きさを表すことができるものなので、「鴨の水掻き」のような困難な部分は現れてきません。できるなら、そんな状態でいたいものですね。

・思い切って起こした会社は思いのほかうまくいき、お客さんも沢山ついて、ビジネスは順風満帆に進んでいる。

・新しいサービスがヒットしたおかげで、売上は倍増して社員数も大幅に増え、今や会社は飛ぶ鳥を落とす勢いのごとくだ。

「鴨の水掻き」の英訳は?

image by iStockphoto

「鴨の水掻き」の英訳は「full of unseen cares」で表すことができます。

\次のページで「「full of unseen cares」:人知れない多くの苦労・努力」を解説!/

「full of unseen cares」:人知れない多くの苦労・努力

これは直訳すると「人知れない多くの苦労・努力」という意味のフレーズです。「鴨(duck)」を使っても通じませんので、意味に則した英文にしています。「full of ~」で「多くの~」。「unseen cares」で「人知れない苦労」です。

「unseen」は「see」の過去分詞系に否定の「un」がついたもの。「全体的に、外側から見えない」というニュアンスで、「人知れず」は他にも「secretly(内緒で)」「inwardly(こっそりと)」など適した意味に置き換えることができます。

「cares」も「troubles(問題)」などに換えられますが、「苦労」のほかに「努力」の意味合いを持つため、今回の慣用句に相応しいでしょう。細かい意味の違いが多くてややこしいかもしれませんが、定着させていくと確実に力になりますよ。

He is full of unseen cares every day.
彼は毎日、鴨の水掻き状態だ(人知れない苦労がたくさんだ)。

「鴨の水掻き」を使いこなそう

この記事では「鴨の水掻き」の意味・使い方・類語などを説明しました。「鴨」は日本語だと「カモが来た」のように「使用しやすい奴」という意味合いがあり、良いイメージの持たれにくい動物であるようです。

この慣用表現も、そんな背景があって良い意味にならなかったのかもしれません。ですが、辛いときにスイスイと気楽に泳いでいられる余裕がある、と前向きに解釈できれば、ちょっとは救われるのではないでしょうか。色々な面から物事を考えてみたいものです。

" /> 【慣用句】「鴨の水掻き」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「鴨の水掻き」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師がわかりやすく解説!

この記事では「鴨の水掻き」について解説する。

端的に言えば「鴨の水掻き」の意味は「人知れない努力をしていること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んです。一緒に「鴨の水掻き」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「鴨の水掻き」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「鴨の水掻き(かものみずかき)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「鴨の水掻き」の意味は?

「鴨の水掻き」には、次のような意味があります。

《気楽そうに浮かんでいる鴨も、水面下では水かきを絶えず動かしているところから》人知れない苦労があることのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「鴨の水掻き」

この言葉は、「他人から見たらわからないような苦労がある」ことをたとえて言う慣用表現です。「他人から見たらわからないような」というところがポイントで、その当人にしかわからない悩みや大変さなどを表すのに使われます。

一見余裕に見えても人知れない努力・苦労をしているというニュアンスで褒め言葉としても使えそうなのですが、用法としては「苦労が絶えないこと」を表すことが多いのに注意。誰かに対して使う場合は注意した方がいいかもしれません。

外から見えない部分のことを「水面下(すいめんか)」とも言い、比喩的にも使えます。皆さんにも、他者から簡単には見えない部分があるはず。そういうところでは、どんな苦労や努力をしているのか思いを寄せてみましょう。

「鴨の水掻き」の語源は?

次に「鴨の水掻き」の語源を確認しておきましょう。鴨が水に浮かんでいる姿を想像してみてください。スイスイと泳いでいる姿は外から見れば気楽そうですが、水の下では足をしっかり動かしているはず。この表現はそんな姿をたとえたものと言われています。

似た言い回しで、「鴨」を「白鳥」に換えて「優雅に泳いで見えても水面下で努力している」というものを耳にしたことがある人もいるかもしれません。ですが、これはマンガの中で使われたたとえが定着したものだそうで、「白鳥の水かき」という慣用表現は辞書にはありませんでした。

「鴨」なら苦労、「白鳥」なら努力、と強調される部分に違いがあるのは、その鳥の持つイメージのせいもあるのでしょうか。細かい違いではありますが、「白鳥」のほうが覚えやすいからと良い意味で捉えていると読み違えてしまうかもしれません。注意しましょう。

\次のページで「「鴨の水掻き」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: