言葉雑学

adorableとcuteの違いとは?どっちがいいの?語源や使い分けも雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

この記事ではadorableとcuteの違いについてみていきます。どちらも「可愛い」と訳すことができる英単語ですが、実は絶妙なニュアンスの違いがあるのです。そんなadorableとcuteをネイティブの人はどのように使い分けているのでしょうか。
今回はそんなadorableとcuteの違いについて、語源にも触れながら、雑学好き現役大学院ライターのききと一緒に解説していきます。

ライター/きき

植物について研究している現役大学院生。生物や植物だけでなく、言語や旅行、文化などあらゆるジャンルにも興味がある。誰もが面白い・分かりやすいと思ってくれるようなライターを目指している。

adorableとcuteとは?

image by iStockphoto

「可愛い」を表す英単語と言えば、「adorable」や「cute」が挙げられますね。英語を習っていると、一度は読んだり、聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。何かに対して可愛いということを伝えたい時、どちらを使うべきか迷ってしまうことも少なくありませんよね。そんなadorableとcuteは、どのように使い分けられるのでしょうか。

adorableとcuteの違いとは?

adorableとcuteは、どちらも「可愛い」と訳すことができる英単語。日本語での意味は同じですが、ニュアンスに細かい違いがあるのです。その違いとは、「何が」、「どのように」という2点がポイントになります。誤って使ってしまうと、相手を誤解させてしまうことも。そうならないために、両者の具体的な違いをみていきましょう。

adorable:小さく、子供っぽいものや人に対する愛らしさ

adorable とは、日本語でいうと、愛らしいというニュアンスです。小さく、子供っぽいものに対して愛らしい印象を受けた時に使われます。主に、赤ちゃんや子供、動物などが対象です。adorableは、フランス語の「愛する」という意味を持つ「adore」が語源だと言われています。さらに、このadoreはラテン語の「adorare」つまり「崇拝できる」という意味からきているそう。

思わず崇拝してしまうほど愛らしいというイメージかもしれませんね。

cute:子供らしい無邪気さのある可愛さ

image by iStockphoto

cuteとは、可愛らしいという意味で、子供らしい無邪気さや若々しさ、人を微笑ませてくれるようなものといったイメージがあります。主に、動物や子供に対して使われることが多いです。大人の女性に対して使われることがありますが、「幼い」や「未熟」というニュアンスがあるので、使われる機会は少なめなのだとか。

さらに、最近は男性に対しても使われることもあります。この場合、cuteにはハンサムやかっこいいという意味合いがありますよ。

\次のページで「adorableとcuteの例文とは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: