雑学

3分でわかる!「及び」と「並びに」の違い!意味や使い分けも主婦ライターがわかりやすく解説

この記事では、「及び」と「並びに」の違いについてみていきます。2つとも複数の事柄を並列するときに使う、英語でいうとandにあたる表現ですね。日常的には2つとも同じ意味で使われるが、法令や公文書においては厳密なルールがあって使い分けが必要みたいです。今回は「及び」と「並びに」の違いを、意味や使い方を確認しつつ、文学好きの主婦ライターえぬともと一緒に解説していきます。

ライター/えぬとも

文学好きな主婦ライター。大学時代は日本文学を専攻しつつ、日本語学や日本美術史など幅広く学ぶ。今回は、その知識を生かして、2つの言葉の違いをわかりやすく解説していく。

「及び」と「並びに」の違いは?

「及び」と「並びに」は、両方とも複数の事柄を並列するときに使う接続詞。日常用語では同じような意味で使われていますが、法令の条文や公文書においては厳密なルールがあり、使い分けが必要です。

ざっくりというと、「及び」は同じグループの事柄を並べるとき、「並びに」は異なる種類の事柄を並べるとき、または「及び」で接続されたグループ同士を接続するときに使います。それでは、詳しく見ていきましょう。

「及び」の意味と使い方

image by iStockphoto

「及び」は、「同じレベルの事柄を並列するとき」に使います。意味と具体的な使い方を確認していきましょう。

「及び」の意味

「及び」の意味は以下の通りです。

[接]《漢文訓読で接続詞に使う「及」の字を「および」と読んだところから》複数の事物・事柄を並列して挙げたり、別の事物・事柄を付け加えて言ったりするのに用いる語。と。ならびに。また。そして。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「および【及び】」

\次のページで「「及び」の使い方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: