雑学

3分で分かる「別添」と「別紙」の違い!「添付」との違いや使い分け・英語表記も雑学好きライターが分かりやすくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では「別添」と「別紙」の違いについて見ていくぞ。どちらも何かに対して補足のものを添えるイメージがあるが、明確な違いを説明できる人は少ないんじゃないか。違いはずばり添えるものが紙かどうかの違いにあるようだが、調べてみると使い方・表現に明確な違いがあるみたいだ。今回はそんな「別添」と「別紙」の意味から、「添付」との違い、使い分け方、英語表記まで雑学好きライターのよっこいと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/よっこい

飲食業、映像職、エンジニアを経てwebライターへ。さまざまな職を経験した観点から、雑学の知識を分かりやすく解説していく。

「別添」と「別紙」はどう違う?

image by iStockphoto

「別添」と「別紙」の違いについてご存知でしょうか?正しい意味や使い分け方を知らずに使っていませんか?この2つには明確な違いがあるようです。この違いが分かるとビジネスシーンでも役立つことでしょう。では早速、「別添」と「別紙」の違い、さらに「添付」についても解説していきます。

別添:メインのものに対して添えるものや行為

「別添」はメインのものに対して添えるものや行為を表します。メインの資料に対して補助的な役割を持つ資料を添える時など、ビジネスシーンで使われることが多い言葉です。添えるものは紙に限らず、電子ファイルをメールに加える際にも使えます。また、外部の参考資料や書類のコピー、引用等を論文などに付け加える場合に使われる言葉です。

別紙:メインに添えられた別の紙

「別紙」はメインに添えられた別の紙を表します。メインの書類に対して、補助的な役目を持つ書類を添える場面で使うことが多い言葉です。文字通り「ほかの紙」という意味も持ちます。別紙の場合は、自分で作成した資料などを添える際に使うことが可能です。

添付との違いは?

「添付」はメインのものに補足として添えるという意味を持ちます。「別添」と「別紙」との違いは、それぞれ外部資料か自作資料を指すのに対し、「添付」は補足する資料がどのようなものか限定しないのです。つまり、メインのものに関連さえしていればなんでもよく、どのような場合にも使えます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「別添」と「別紙」の違いは、添えるものが紙かどうか、外部資料か自作資料かの違いということが分かったな。ちなみに別添は「べってん」と読むぞ。「べつぞえ」ではないので注意だ。類語の「添付」は、添えるものを限定しないから、迷った時は「添付」を使うのもいいだろう。

\次のページで「「別添」と「別紙」の使い分け方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: