家庭科

米油を使った美味しい食べ物は?作り方による違いや保存方法もフードアナリストが簡単にわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。一昔前まで、体に良いオイルの中で身近に手に入るものといえばオリーブオイルくらいだったが、近年はアマニオイル、ココナッツオイル、アボカドオイルなど、様々なオイルを見かけるようになったな。必須脂肪酸のリノール酸やオレイン酸を豊富に含んだり、独特の味や香りがあるなど、それぞれに違いがあるんだ。今回はその中でも日本伝統の油といわれる米油についてみていこう。米油を使ったおいしい食べ物、作り方や保存方法についてもフードアナリストのコナパパと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/コナパパ

フードアナリスト。元コックで、さまざまな食材に対する知識がある。今回はお米から作られる油、米油について解説していく。

米油を使った美味しい食べ物は?

近年、色々な種類の油を見かけますが、米油は使うだけで美味しくなる食べ物があるんですよ。ここでは米油を使うことで美味しくなる食べ物を3つご紹介します。

1.お弁当

image by iStockphoto

ひと言でお弁当といっても中身は色々ありますよね。米油で美味しくなる料理は揚げ物と炒めものです。お弁当は作ってから食べるまでに時間がかかるので、米油を使うことで時間が経っても美味しく食べられるんですよ。その理由は、米油は抗酸化作用が強く劣化しにくいので、時間が経っても美味しく感じるのです。また、冷めてもからっとした食感をキープするので、お弁当におすすめなんですよ。

2.焼き菓子

image by iStockphoto

米油をクッキーなどの焼き菓子に、バターやショートニングの代わりに使うのもおすすめです。米油は、体に悪影響を与えるトランス脂肪酸が少なく、酸化もしにくいので美味しさを持続できるんですよ。揚げ物と似た表現にはなりますが、焼き菓子がさくっとした食感になるのも米油の特徴です。

3.ご飯を炊く際に加える

image by iStockphoto

ご飯を炊くときに、米油を少量加えるとふっくらとつやが出て、冷めても美味しく食べられるご飯になるんですよ。米の一粒ひと粒の回りに油の膜ができ、お米がしっかりと水分を吸い、逃さないことで炊きあがったご飯の量も多くなります。また、釜を洗うのもご飯がこびりつきにくくなるメリットもあるんですよ。

米ぬかには白米よりも栄養素が含まれているので、ご飯を炊くときに米油を少量加えることは、米油の栄養も米に戻すことになるので理にかなっているのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

油を変えただけで、料理の味や状態が変わるとは思っても見なかったぞ。確かにご飯を炊くときに米油を加えたら、つやつやのお米が炊けそうだな。美味しくなって健康にも良いとなったら最高じゃないか。今度試してみるぞ。

米油の製造方法と危険性

image by iStockphoto

米油の製造方法は大きく分けて2種類あります。製造方法で、原料である米ぬかの栄養素を残すことが出来たり、危険といわれる要因も生まれるので、ここで詳しく解説してきますね。

\次のページで「1.溶剤抽出法」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: