雑学

3分で分かる「わかりやすく解説」と「説明」の違い!意味や使い分け・英語表記も雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

解説:専門的な場面

「解説」は専門的な場面で使われます。例えばスポーツ中継やニュース番組などはある程度専門的な知識がないと解説することは難しいでしょう。そしてそれを知らない素人にも分かるように伝えることが重要なのです。専門的な知識とそれにともなう自分の見解を次の例文のように表現できます。

・今日のプロ野球中継の解説は聞き手にとても分かりやすい。
・ニュースの解説で物事の本質を理解する。
・試験問題の解説をお願いした。

説明:相手に分かりやすく伝える場面

「説明」は相手に分かりやすく伝える場面で使われます。例えばだれにでも分かる日常生活な出来事を述べることが適するのです。「解説」と違い専門的な知識や経験はまったく必要ありません。相手に分かりやすく伝えることを次の例文のように表現できます。

・昨晩我が家で起こった出来事を説明する。
・医者に自分の症状を説明する。
・アプリの使い方を説明してほしい。

「解説」と「説明」の英語表記は?

image by iStockphoto

ここまで日本語での「解説」と「説明」の違いについて見てきましたが、英語表記にも違いはあるのでしょうか。実は英語には大きく2つの説明を表す単語があります。うまく使い分けることで、微妙なニュアンスの差を伝えることができるでしょう。

\次のページで「解説:comment」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: