国語言葉の意味

【慣用句】「目に掛かる」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「目に掛かる」について解説する。

端的に言えば目に掛かるの意味は「見える」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「目に掛かる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「目に掛かる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「目に掛かる」の意味や語源・使い方を一覧でご紹介していきます。またその他「目に掛かる」は分類としては日本語の慣用句であるという点もおさえておきましょう。

「目に掛かる」の意味は?

「目に掛かる」というキーワードを辞典・辞書・事典、ネット上の無料データベースサービス「コトバンク」で用語検索してみると、次のような記載があります。こちらの引用をまず確認していきましょう。

1.見える。目に留まる。目につく。→御目おめに掛かる

出典:デジタル大辞泉(小学館)「目に掛かる」

「目に掛かる」は見える、目に留まる、目に付くという意味をもった慣用句です。また手前に「御」をつけ、「御目に掛かる」という形で、目上の人に会うことを表す意味ももっています。「目に掛かる」は書籍・新聞等の文章中のほか、口語においても使われている言葉です。

見える・目に留まる・目に付くという意味では現在はあまり使われておらず、ビジネスシーンなどで「御目に掛かる」の形でよく使われています。こちらの点についても注意して覚えておきましょう。この機会に「目に掛かる」の意味・用法を覚えておき、自身の語彙力を高めていきましょう。

「目に掛かる」の語源は?

次に「目に掛かる」の語源を確認しておきましょう。残念ながら「目に掛かる」の語源は現在はっきりとはしていません。「目に掛かる」の語源ははっきりとはしていないと覚えておきましょう。また語源とあわせて「目に掛かる」がいつ頃から使われだした言葉なのかという点についても確認しておきましょう。

平安時代後期の浜松中納言には「ただいもせのすぢに離れては、朝夕にめにかかりてすごしやらん事の胸いたくくるしきこと、日に添へてまさりゆくは」として、この言葉が登場しています。このことから「目に掛かる」は非常に古くから使われている言葉であることがわかりますね。こちらも覚えておきましょう。

\次のページで「「目に掛かる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: